FrontPage

Linux Server

目次

Linux_Server

インストール関連

CentOS_6.3_初期インストール

CentOS_7_初期インストール

AlmaLinux? 8 初期インストール

debian系_初期インストール(ほとんど中身無し。これから書きます)

Machine

  • tar3.net サーバ
    • tar3.net ドメインのホームページやソフトは以下のコンピューターで動いてます。
    • ここに無料の VMWare ESXi を入れて
      仮想コンピューター上でサーバーを起動しています。
    • 正確には VMWare ESXi がプリインストールされた
      サーバー(HP ProLiant? ML110 G6)を買いました。

ラズベリーパイ_Raspberry_Pi

ラズベリーパイ_Raspberry_Pi

Linux、分散ファイルストレージ、moose file system、moosefs、mfs

Server Soft

Air Video Server のインストールと設定(Ubuntu)

  1. レポジトリの登録
    sudo apt-get install python-software-properties
    sudo apt-add-repository ppa:rubiojr/airvideo
    sudo apt-get update
    sudo apt-get install airvideo-server

apache

DHCP

bind_DNS

pi-hole,DNS

Docker

epgrec

friio-CentOS6

ftp_proftp

git

Hinemos

HomePage

iptables,firewall,ufw

  1. CentOS6
    1. 現場確認
      iptables -L
    2. 設定ファイルの読み込み
      /sbin/iptables-restore  < iptables
    3. iptables を再起動した時に設定が保存されるようにする
      /etc/init.d/iptables save
    4. log 出力設定 (下記2つのどちらかを追加)
      • vi /etc/syslog.conf
        # iptables log
        *kern.debug /var/log/iptables
      • vi /etc/rsyslog.conf
        # iptables log
        *kern.debug /var/log/iptables
    5. iptables の状態表示
      yum install iptstate
      iptstate
  2. CentOS7
    • 参考サイト(外部):ファイアウォール構築(iptables)
      • 知らなかったのですが、「全国警察施設への攻撃元上位5カ国」という情報があるらしいです。
        1. CN:中国
        2. GB:イギリス
        3. ID:インドネシア
        4. IN:インド
        5. RU:ロシア
      • ちなみにうちは以下を止めてます。
        1. DROP_COUNTRY_MAKE BD
        2. DROP_COUNTRY_MAKE BR
        3. DROP_COUNTRY_MAKE CN
        4. DROP_COUNTRY_MAKE DE
        5. DROP_COUNTRY_MAKE FR
        6. DROP_COUNTRY_MAKE GB
        7. DROP_COUNTRY_MAKE ID
        8. DROP_COUNTRY_MAKE IN
        9. DROP_COUNTRY_MAKE IT
        10. DROP_COUNTRY_MAKE KR
        11. DROP_COUNTRY_MAKE MX
        12. DROP_COUNTRY_MAKE NL
        13. DROP_COUNTRY_MAKE PL
        14. DROP_COUNTRY_MAKE RO
        15. DROP_COUNTRY_MAKE RS
        16. DROP_COUNTRY_MAKE RU
        17. DROP_COUNTRY_MAKE SA
        18. DROP_COUNTRY_MAKE TR
        19. DROP_COUNTRY_MAKE UA
        • さらにちなみに攻撃?というか、Wikiを宣伝で変えようとするのは圧倒的に中国が多いです。アクセス履歴をDBにまとめて集計するとそれなりに面白いです(^^)
    • Install
      • 参考サイト(外部):CentOS7でのiptablesの設定忘れるのでメモ
      • firewalld を停止

        fiwawalldの停止

        sudo systemctl stop firewalld

        自動起動の停止

        sudo systemctl disable firewalld

        ステータスの確認

        sudo systemctl status firewalld
      • install
        sudo yum install iptables-services
    • iptables の起動
      • 起動
        sudo systemctl start iptables
      • 自動機能有効化
        sudo systemctl enable iptables
      • Statusの確認
        sudo systemctl status iptables
    • iptables save のやり方
      • CentOS7
        /usr/libexec/iptables/iptables.init save 
    • logrotate
      • sudo vi /etc/logrotate.d/iptables
        /var/log/iptables {
             weekly
             rotate 10
             create
             postrotate
                  /bin/systemctl reload iptables.service > /dev/null 2> /dev/null || true
             endscript
        }
  3. ufw(Uncomplicated Firewall,ubuntu)

ubuntu に lamp 環境をインストールする

  1. lamp とは以下のプログラムの頭文字だYO
    1. Linux
    2. Apache(Web)
    3. Mysal(Database)
    4. PHP(Web programing言語)
  2. install
    1. sudo apt-get update
    2. sudo apt-get install tasksel
    3. sudo tasksel install lamp-server

openldap

logwatch

mail_postfix-dovecot

minecraft

mysql

nagios,サーバー監視

nfs

php

  • インストール方法
    1. CentOS7, RHEL7
      sudo yum install https://rpms.remirepo.net/enterprise/remi-release-7.rpm
      sudo yum install --enablerepo=remi-php74 php which
    2. RHEL8, CentOS8, AlmaLinux8, RockyLinux8
      sudo yum install https://rpms.remirepo.net/enterprise/remi-release-8.rpm
      sudo yum install --enablerepo=remi php which

proxy_squid

pukiwiki

router

rsync

samba

snmp

  • ubuntu に snmp をインストールする。
    sudo apt-get install snmpd snmp

ssl証明書の購入

tomcat

tv,terevison,cable,satellite,japan,epgstation

  • tv,terevison,cable,satellite,japan?

vnc,ubuntu

vpn_centos

webdav_owncloud

wordpress_ブログ作成

x11vnc

zabbix

その他

vi_vim

  • 置換
    1. 通常
      :%s/置換前文字列/置換後文字列/gc
    2. path 名などを変更するときは区切り文字を「;」へ
      %s;/var/home;/home;gc
    3. 行の範囲を指定
      :63,79s /beauty/hairnail/g
  • 行番号の表示
    :set nu
  • 履歴
    1. q:
    2. q/
    3. q?
  • コマンド実行
    コマンド説明
    :!コマンドvi を終了せずにシェルコマンドを実行
    :shコマンドプロンプトを実行。exit で vi に戻る
  • 検索
    /
    • 次を検索
      n
    • 前を検索
      N

cpan

perl_http_template

perl -MCPAN -e 'install HTML::Template'
  • perl -MCPAN -e shell
    install HTML::Template

centos_raid

RPMforge_for_CentOS_5

  1. 下記のコマンドを実行
    rpm --import http://apt.sw.be/RPM-GPG-KEY.dag.txt
  2. ここから rpm ファイルをダウンロード
  3. ダウンロードしたファイルを下記のコマンドで実行
    rpm -K rpmforge-release-0.5.2-2.el5.rf.*.rpm
    rpm -i rpmforge-release-0.5.2-2.el5.rf.*.rpm

ntp、動作確認コマンド

ntpq -p

ubuntu、chkconfig、の代わり

#インストール
sudo aptitude -y install sysv-rc-conf

#一覧の表示
sudo sysv-rc-conf -list
sudo sysv-rc-conf -list | grep ssh

#切り替え
sudo sysv-rc-conf ssh onまたはoff

シングルモードでの起動

  • Ubuntu10.04でシングルユーザーモードでログインする方法
    1. GRUBメニューに入る
    2. カーネルバージョンが表示される画面(GRUB画面)に入ったらカーソルが一番上にある状態で「e」を押下しエディットモードに入る
      (「recovery mode」と記載されていないほうでやる)
    3. 先頭が「linux」で始まる記述があるのを確認する
    4. その行末の(または行内にあるであろう)「ro」という記述を「rw」にする
    5. 上に加えて以下を行末に追加する「linux single init=/bin/sh」
    6. 起動する
      (おそらく「Ctrl + x」で起動可能)
    7. 起動後に「#」と表示されたら「bash」と入力し「root@(none)」と表示されればシングルユーザーモードでもログインが成功している

ディレクトリ毎の合計容量をソートして表示du

  • du -s * | sort -n
  • ドットファイルを含める
    du -s /home/hogehoge/* /home/hogehoge/.[^\.]* | sort -rn

apt-get_エラー

  1. 削除できない
    • /var/lib/dpkg/info 内の対象ファイルを片っ端から rename
      • $ sudo mv opera.prerm opera.prerm.bak
      • $ sudo mv opera.config opera.config.bak
      • $ sudo mv opera.list opera.list.bak
      • $ sudo mv opera.md5sums opera.md5sums.bak
      • $ sudo mv opera.postinst opera.postinst.bak
      • $ sudo mv opera.postrm opera.postrm.bak
      • $ sudo mv opera.templates opera.templates.bak
    • 削除コマンド実行
      • $ sudo dpkg --remove --force-remove-reinstreq opera
  2. apt でエラー出る
    • sudo apt-get clean
    • sudo apt-get install -f

CUIの文字色を変更する

  • dircolors -p > ~/.dir_colors
  • vi ~/.dir_colors

UbuntuをCUI起動

  • キーワード:ランレベル変更
  • 編集するファイル
    sudo vi /etc/default/grub
  • 設定の変更
    GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFALUT="quiet splash text"
  • 設定を反映
    sudo update-grub

省電力

  1. Ubuntu
    • ソフトTLP
      sudo add-apt-repository ppa:linrunner/tlp
      sudo apt-get update
      sudo apt-get install tlp tlp-rdw smartmontools ethtool
    • GUI 制御
    • conf ファイルの編集
      sudo vi /etc/default/tlp
  2. CentOS
    • ここを参考にしました1
    • ここを参考にしました2
    • Install
      sudo yum install cpuspeed
    • acpi-cpufreq driver の適用 (.ko は除いて適用する)
      cd /lib/modules/[kernel]/kernel/arch/[arch tecture]/kernel/cpu/cpufreq/
    • sudo modprobe acpi-cpufreq
    • 設定可能なクロック数の確認
      cat /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/scaling_available_frequencies
      3200000 2800000
    • 設定ファイルの編集
      sudo vi /etc/sysconfig/cpuspeed
    • 下記3箇所を設定
      GOVERNOR=userspace
      MAX_SPEED=2800000
      MIN_SPEED=3200000
    • デーモンの起動
      sudo /etc/init.d/cpuspeed start
    • 再起動時の自動起動
      sudo chkconfig cpuspeed on

img ファイルを SD カードへ

  • sudo dd if=/home/hogehoge/temp/Pidora-2014-R1/Pidora-2014-R1.img of=/dev/sdb

proxy経由でアクセスする設定

tcpdump_複数ポート_port(例)

tcpdump -i eth0 port 20 or port 21 or port 80

パッケージ関連まとめ

debian 系の syslog

  • 設定ファイル
    /etc/rsyslog.conf

LPIC

ubuntu、を CUI で起動する。

  1. /etc/init/lightdm.overrideファイルを作成
    sudo vi /etc/init/lightdm.override
  2. 以下のフレーズを書き込む
    manual
  3. GUI起動にしたい場合は/etc/init/lightdm.overrideファイルを削除するか、以下のようにコメントアウト
    # manual
  4. CUI起動したけどGUIに切り替えたい時
    sudo lightdm
ctrl + alt + F7

Kernel panic – not syncing: Attempted to kill init! 対応

  • 参考(SELinuxを無効にしたらカーネルパニック)
  • grub の編集
    • 知らなかったのですが、SELinux を無効にして /boot/grub/grub.conf に
      何も書かないとエラーになるらしいです。
      なので enforcing=0 という語句を追加します。
    • sudo vi /boot/grub/grub.conf
    • kernel /boot/....... の最後に
      enforcing=0
      を追加します。
  • 起動時にエラーが出た場合
    • grub の選択画面で「e」キーを押します。
    • kernel /boot/....... の最後に
      enforcing=0
      を追加します。
    • 「b」キーで起動します。

/etcディレクトリの自動バックアップ

  • install
    sudo apt-get install etckeeper bzr
  • /etc の初期状態を保存
    sudo etckeeper init
  • 削除業と追加行の表示
    sudo etckeeper vcs diff
  • 元の状態に戻す
    • sudo etckeeper vcs checkout -- (フルパス)ファイル名

syslog, rsyslog

  • 設定ファイル
    /etc/rsyslog.conf共通設定ファイル
    /etc/rsyslog.d/*.conf個別の設定ファイル
    /etc/sysconfig/rsyslog起動オプション
  • iptables のログ出力先を変更
    vi /etc/rsyslog.conf
  • 以下を追加
    #iptables log
    kern.debug /var/log/iptables.log

ファイルを消してもディスクの空き容量が増えない場合

  • 何かのプロセスがその消したファイルを掴んでいる
    • そのファイルを掴んでいるプログラムを再起動する
      • service httpd restart

RHEL(CentOS) ホスト名を変更する(hostname)

  • sudo vi /etc/sysconfig/network
    HOSTNAME=unya.hogehoge.com
    NETWORKING=yes 

rpm-build, rpmbuild のインストール

sudo yum install rpm-build
sudo yum install rpmdevtools yum-utils

nslookup のインストール(CentOS)

sudo yum install bind-utils

サーバの自動実行に追加するコマンド

elasticsearch というソフトを例で

sudo update-rc.d elasticsearch defaults

networkを認識しない。例) eth0,ネットワークカードを認識しない

  1. 方法1
    • 以下コマンドで eth0 が無いことを確認
      ifconfig
      lsmod
    • modprobe でネットワークドライバの読み込み
      modprobe epic100
    • ifconfig で eth0 を上げる
      ifconfig eth0 up
    • ifconfig でeth0が認識されていることを確認
      ifconfig
    • network 設定の確認
      • vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
        ONBOOT=yes
    • Service の再起動
      service network restart
  2. p2v 後、ネットワークカードを認識しない。
    • [[参考サイト(ubuntu 有線 管理対象外と表示されているのを修正する):https://tarufu.info/ubuntu_wired_unmanaged/]]
    • 以下のファイルを作成する。
    • sudo vi /etc/NetworkManager?/conf.d/10-globally-managed-devices.conf
      [keyfile]
      unmanaged-devices=none 
    • Network manager の再起動
      sudo service network-manager restart

Active Directory 参画

cron, sudo, sudo: sorry, you must have a tty to run sudo

Certificate error

  • 参考サイト:certwatchの警告メール(身の回り4畳半近辺の日記)
  • 以下のようなメッセージが出ます。
    Certificate for hostname 'host.localdomain', in file (or by nickname):
         /etc/pki/tls/certs/localhost.crt
    
      The certificate needs to be renewed; this can be done
      using the 'genkey' program.
    
      Browsers will not be able to correctly connect to this
      web site using SSL until the certificate is renewed.
  • ということで、SSLを使用しているサーバーでなくても出るみたいです。
  • 最初に旧証明書を消去
    sudo rm /etc/pki/tls/certs/localhost.crt
    sudo rm /etc/pki/tls/private/localhost.key
  • 以下のコマンドを実行
    sudo genkey localhost

swap 領域を拡張する。

  1. 新規のパーティション全部をswap領域とする場合
    1. fdiskコマンドでswap領域のラベルをセットする。
      1. fdisk を起動
        sudo fdisk /dev/sdb4
      2. helpの表示
        m
      3. 現在の状態を確認
        p
      4. パーティションの作成
        n
      5. システムIDの変更
        t
        82
      6. 確認
        p
      7. 保存してfdiskを終了する。
        w
    2. 再起動(システムIDの反映)
      sudo shutdown -r now
    3. swap領域の作成
      sudo mkswap /dev/sdb4
    4. swap領域の有効化
      sudo swapon /dev/sdb4
    5. 確認
      free
    6. (参考:swap領域を無効化)
      swapoff /dev/sdb4
    7. swap領域の自動マウント
      vi /etc/fstab
    8. 以下を追加
      /dev/sdb1  swap   swap    defaults   0 0
  2. 今あるディスクにswap領域を作成する場合
    1. swap 領域の確保
      sudo dd if=/dev/zero of=/var/swpfile bs=1M count=2048
    2. swap ファイルへ変換
      sudo mkswap /var/swpfile
    3. permission の変更
      sudo chmod 600 /var/swpfile
    4. swap fileを有効化
      sudo swapon /var/swpfile
    5. fstab への記載
      /var/swpfile         swap                    swap    defaults        0 0
    6. swap領域の削除
      sudo swapoff /var/swpfile

bash, プロンプト変更, prompt, PS1

  • ユーザーのルートディレクトリ(/home/username/)にある「.bashrc」を変更
  • vim .bashrc
    export PS1='[\u@\h \W]\$ '

RHEL互換OSについて考える(CentOSが2021年末サポート終了なので)

  1. AlmaLinux?
    • 2021/4/15次点でリリース済み
    • 自分はテストしている。
    • 開発
      • CloudLinux? OS」を開発している米CloudLinux?社。
  2. RockyLinux?
    • RockyLinux?プロジェクトを立ち上げたのは、
      CentOSプロジェクトの協同創設者のGregory Kurtzer。
    • RockyLinux?の名前は「Rocky McGaugh?」から来てる。
    • 2021年第2半期に出るかも。
  3. OracleLinux?
    • ソフト無償。サポート有償。なんか自分のなかではイメージは悪い。
  4. SpringdaleLinux?
    • プリンストン高等研究所が学術向けに開発している。
  5. Amazon Linux 2
    • RHEL7相当。利用者は多い。
  6. CentOS Stream
    • RHELに入る前の変更が入る。
    • 自分の中ではFedoraと似たイメージ。
  7. RHEL8
    • 個人で16台までなら無料。

CentOS8, dnf(yum), time out, error

  • CentOS8 で yum 相当のコマンドは dnf になりました。
    • と言っても使用方法はさほど変わらず。。。
  • 以下のエラー・メッセージが表示
    Operation too slow. Less than 1000 bytes/sec transferred the last 30 seconds
  • dnfの設定ファイル
    /etc/dnf/dnf.conf
  • 以下を追加
    timeout=60
  • ちなみに rpm ファイルを dnf コマンドでインストールする方法は以下
    sudo dnf install /path/to/package.rpm

ubuntuサーバーが起動せず「grub rescue」と表示される。

  1. 前提
    • grub rescue のまま頑張ろうと思いましたが、以下のエラーとなり無理〜。。。
      grub rescue> insmod (hd0,msdos1)/boot/grub/i386-pc/normal.mod
      error: symbol `grub_calloc' not found.
  2. Ubuntu のインストール DVD からDVD起動してGUIの端末から grub を修正します。
  3. インストールDVDから起動して、端末を起動できるようになったら起動します。
  4. 端末で以下のコマンドを実行
    (ディスクとパーティション一覧を表示させる事ができます)
    sudo fdisk -l
    • 実行結果
      自分の場合は、以下の赤い部分に注目します。

      ディスク /dev/sda: 447.13 GiB, 480103981056 バイト, 937703088 セクタ
      Disk model: 2710DCS23-480
      単位: セクタ (1 * 512 = 512 バイト)
      セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
      I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
      ディスクラベルのタイプ: dos
      ディスク識別子: 0x000e6bbb

      デバイス 起動 開始位置 最後から セクタ サイズ Id タイプ
      /dev/sda1 2048 1050623 1048576 512M b W95 FAT32
      /dev/sda2 1052670 156296384 155243715 74G 5 拡張領域
      /dev/sda3 156297216 937703087 781405872 372.6G 83 Linux
      /dev/sda5 140151123 156296384 16145262 7.7G 82 Linux スワップ / Solaris
      /dev/sda6 1052672 140150783 139098112 66.3G 83 Linux
  5. さらに以下のコマンドを実行
    sudo mount /dev/sda6 /mnt
    sudo mount --bind /dev/ /mnt/dev
    sudo chroot /mnt
    sudo grub-install /dev/sda
  6. なんかエラーは出ますが、「shutdown -r now」コマンドを実行して再起動するとDVDに頼らずともUbuntuが起動できました。めでたし、めでたし。

VMware, P2V後, Ubuntuサーバーが起動しない。

  1. 参考サイトVMware P2V Conversion: GrubInstaller Error During Conversion of Debian Linux Host
  2. まず、vCenterConverter? 時にエラー出る(97%とか98%とか。)
    FAILED: An error occurred during the conversion: 'GrubInstaller::InstallGrub: /usr/lib/vmware-converter/installGrub.sh failed with return code: 127, and message: FATAL: kernel too old Error running vmware-updateGrub.sh through chroot into /mnt/p2v-src-root Command:
    chroot "/mnt/p2v-src-root" /vmware-updateGrub.sh "GRUB2" "(hd0)" "(hd0,5)" /vmware-device.map "grub2-install" '
    • 結論:このエラーは無視。
    • 次に記載する方法でGrubを修正
  3. Grubの修正
    1. vCenterConverter? でエラーが出ても仮想マシンは作成できている。
    2. そこに対象のUbuntuのDVDをISOでセットしDVD bootする。
    3. 「Ubuntuを試す」を選択し、デスクトップ画面を表示させる。
    4. 普通にGrubの修復を行う。
      • 端末で以下のコマンドを実行
        (ディスクとパーティション一覧を表示させる事ができます)
        sudo fdisk -l
        • 実行結果
          自分の場合は、以下の赤い部分に注目します。

          ディスク /dev/sda: 447.13 GiB, 480103981056 バイト, 937703088 セクタ
          Disk model: 2710DCS23-480
          単位: セクタ (1 * 512 = 512 バイト)
          セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
          I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
          ディスクラベルのタイプ: dos
          ディスク識別子: 0x000e6bbb

          デバイス 起動 開始位置 最後から セクタ サイズ Id タイプ
          /dev/sda1 2048 1050623 1048576 512M b W95 FAT32
          /dev/sda2 1052670 156296384 155243715 74G 5 拡張領域
          /dev/sda3 156297216 937703087 781405872 372.6G 83 Linux
          /dev/sda5 140151123 156296384 16145262 7.7G 82 Linux スワップ / Solaris
          /dev/sda6 1052672 140150783 139098112 66.3G 83 Linux
      1. さらに以下のコマンドを実行
        sudo mount /dev/sda6 /mnt
        sudo mount --bind /dev/ /mnt/dev
        sudo chroot /mnt
        sudo grub-install /dev/sda
        sudo exit
      2. エラーは表示されるが、今の時点では無視してOK。
  4. UUIDの変更
    1. UUIDの確認
      sudo blkid
      • 結果の赤字部分に注目します。
        • dev/sda5: UUID="&color(red,){154b6b94-302e-4c1a-930a-0978dc3f8361" TYPE="ext4" PARTUUID="2d6e9915-05"
    2. fstabの編集
      • sudo vi /etc/fstab
        以下の赤文字を変更
        • UUID=abcd6b94-302e-4c1a-930a-0978dc3f8361 / ext4 errors=remount-ro 0 1
    3. /boot/grub/grub.cfg の変更
      • vim /boot/grub/grub.cfg
      • :%s/元ID/新ID/gc
      • 例) :%s/154b6b94-302e-4c1a-930a-0978dc3f8361/abcd6b94-302e-4c1a-930a-0978dc3f8361/gc
  5. サーバーの再起動で完了(のはず)

disk, io, iotop, iostat, 優先, ionice

ioniceコマンド。ディスクを使用する優先順位を付けてコマンドを実行する。

参考サイト

簡単な例

ionice -c 3 cp a.txt b.txt

-c オプションについて

数字意味優先度
0なしベストエフォート
1リアルタイム最高。最優先
2ベストエフォートデフォルト
3アイドル最低

その他の ionice オプション

オプション(短)オプション(長)意味
-c 数字--class 数字I/Oスケジューリングの数字を指定。0-3。1が最優先
-n 数字--classdata 数字クラス1と2の中での優先度を0~7で指定する(0が最優先)
-p プロセスID--pid プロセスID対象とするプロセスのID(空白区切りで複数指定可能)
-t--ignoreクラスや優先度がセットできない場合もコマンドを実行する
  • ユーザー権限で -c 1 を設定した場合、コマンド実行はエラーとなるが、-t オプションを使用することでコマンド自体は実行されることになる。(多分、優先順位の情報は反映されない)

プロセスの io 優先順位を変更する。

  • プロセスID,9999の優先順位を3に変更する。
    ionice -c 3 -p 9999

disk io の状況確認

iostat のインストール

  1. Ubuntu
    sudo apt install sysstat

iostatの例

  • 以下の情報を表示
    1. -d : disk io(cpu 表示もできます)
    2. -p : disk の指定
    3. -m : MB 表示
    4. -x : 拡張表示
    5. 3 : 3秒間隔で表示
      sudo iostat -d -p /dev/sde -m -x 3

iostat のオプション

オプション意味
-cCPU表示
-ddisk io の表示
-h読み易い表示形式
-kKB表示
-mMB表示
-pデバイス指定。/dev/sda など
-x拡張表示
-z表示対象の期間に使用されていないデバイスは表示しない

表示内容の説明

  • 参考サイト:IOSTAT
  • Read
    項目説明
    r/s秒間あたりにディスクデバイスに発行された読み出し要求数
    rMB/s, rKB/s1秒当たりの読み出しセクタ数
    rrqm/s秒間あたりに読み込みキューに登録され、マージされた読み出し要求数
    %rrqmデバイスに送られる前にマージされた読み込みリクエストの割合
    awaitI/O応答平均時間(ミリ秒) ドライバの要求キーで待っている時間と実際のI/O応答時間を合わせたもの
    r_awaitawaitデータの読み込み処理のみのデータ(ミリ秒)
    rareq-szデバイスに発行した読み込みリクエストの平均サイズ (キロバイト)
  • Write
    項目説明
    w/s1秒当たりに完了できた書き込み要求(マージ後)
    wMB/s, wKB/s1秒当たりの書き込みセクタ数
    wrqm/s秒間あたりに書き込みキューに登録され、マージされた書き込み要求数
    %wrqmデバイスに送られる前にマージされた書き込みリクエストの割合
    r_awaitawaitデータの書き込み処理のみのデータ(ミリ秒)
    rareq-szデバイスに発行した書き込みリクエストの平均サイズ (キロバイト)
  • 廃棄
    項目説明
    d/s1 秒あたりの (マージ後の) デバイスからの破棄が完了したリクエスト
    dMB/s, dKB/s1 秒あたりのデバイスから破棄されたセクタ数 (キロバイト数、メガバイト数)
    drqm/s1 秒あたりのデバイスにキューイングされたマージされた 破棄リクエスト数。
    %drqmデバイスに送られる前にマージされた破棄リクエストの割合
    d_awaitデバイスに発行した破棄リクエストが処理されるまでの 平均時間 (ミリ秒)。 この時間には、リクエストがキューに入っている時間と、 処理される時間が含まれる
    dareq-szデバイスに発行した破棄リクエストの平均サイズ (キロバイト)。
  • その他
    aqu-szデバイスに発行したリクエストの平均のキューの長さ。
    以前のバージョンでは、このフィールドは avgqu-sz であった。
    %utilデバイスに I/O リクエストが発行される経過時間の割合 (デバイスのバンド幅使用率)。
    リクエストに対してデバイスがシリアルにサービスする場合、 この値が 100% に近いとデバイスの飽和が起こっている。
    RAID アレイや最近の SSD のように、リクエストに対して デバイスがパラレルにサービスする場合、
    この値は性能限界を反映しない。

プロセス(pid)事の状況確認

pidstat のインストール

  1. Ubuntu
    sudo apt install sysstat

  • 以下の内容を表示
    1. -d : disk io
    2. -p : process id
    3. -u : cpu 使用率の表示
    4. 3 : 3秒毎に更新
      pidstat -d -p 4020 -u 3

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-09-28 (火) 20:43:48 (25d)