Linux

rsync

a の意味

rlptgoD
  • -r|--recursive ディレクトリーの再帰的コピー
  • -l|--links 同期先でシンボリック・リンクを再作成する。
  • -p|--perms パーミッションを維持してファイルを同期する。
  • -t|--times ファイルのタイム・スタンプを維持してファイルを同期する。
  • -g|--group グループ情報を維持してファイルを同期する。
  • -o|--owner オーナー情報を維持しながらファイルを同期する。
  • -D|--devices 同期先でデバイスを再作成する。

自分がよく使うオプション

  • -v|--verbose 同期の情報を詳細表示する。このオプションは三つまで指定可能。二つや三つ同時に指定すると、より詳細な情報を表示する。
  • --stats rsync アルゴリズムの転送効率を表示する。
  • --progress 同期の情報を表示する。
  • --delete 同期元にないファイルが同期先に存在した場合、そのファイルを削除する。
  • --force ディレクトリが空でなくても削除

  • パーミッション情報の変更無しでコピー
    rsync -rlthvv --delete --stats --force --progress /mnt/mfs/ /mnt/backup/

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-02-23 (土) 14:58:08 (178d)