FrontPage

Linux Server

目次

Linux_Server

インストール関連

CentOS_6.3_初期インストール

CentOS_7_初期インストール

debian系_初期インストール(ほとんど中身無し。これから書きます)

Machine

  • tar3.net サーバ
    • tar3.net ドメインのホームページやソフトは以下のコンピューターで動いてます。
    • ここに無料の VMWare ESXi を入れて
      仮想コンピューター上でサーバーを起動しています。
    • 正確には VMWare ESXi がプリインストールされた
      サーバー(HP ProLiant? ML110 G6)を買いました。
      ラズベリーパイ_Raspberry_Pi

Server Soft

Air Video Server のインストールと設定(Ubuntu)

  1. レポジトリの登録
    sudo apt-get install python-software-properties
    sudo apt-add-repository ppa:rubiojr/airvideo
    sudo apt-get update
    sudo apt-get install airvideo-server

apache

bind_DNS

DHCP

epgrec

friio-CentOS6

ftp_proftp

HomePage

iptables,firewall,ufw

  1. CentOS6
    1. 設定ファイルの読み込み
      /sbin/iptables-restore  < iptables
    2. iptables を再起動した時に設定が保存されるようにする
      /etc/init.d/iptables save
    3. log 出力設定 (下記2つのどちらかを追加)
      • vi /etc/syslog.conf
        # iptables log
        *kern.debug /var/log/iptables
      • vi /etc/rsyslog.conf
        # iptables log
        *kern.debug /var/log/iptables
    4. iptables の状態表示
      yum install iptstate
      iptstate
  2. CentOS7
    • Install
      • 参考サイト(外部):CentOS7でのiptablesの設定忘れるのでメモ
      • firewalld を停止

        fiwawalldの停止

        sudo systemctl stop firewalld

        自動起動の停止

        sudo systemctl disable firewalld

        ステータスの確認

        sudo systemctl status firewalld
      • install
        sudo yum install iptables-services
    • iptables の起動
      • 起動
        sudo systemctl start iptables
      • 自動機能有効化
        sudo systemctl enable iptables
      • Statusの確認
        sudo systemctl status iptables
    • iptables save のやり方
      • CentOS7
        /usr/libexec/iptables/iptables.init save 
    • logrotate
      • sudo vi /etc/logrotate.d/iptables
        /var/log/iptables {
             weekly
             rotate 10
             create
             postrotate
                  /bin/systemctl reload iptables.service > /dev/null 2> /dev/null || true
             endscript
        }
  3. ufw(Uncomplicated Firewall,ubuntu)

ubuntu に lamp 環境をインストールする

  1. lamp とは以下のプログラムの頭文字だYO
    1. Linux
    2. Apache(Web)
    3. Mysal(Database)
    4. PHP(Web programing言語)
  2. install
    1. sudo apt-get update
    2. sudo apt-get install tasksel
    3. sudo tasksel install lamp-server

openldap

logwatch

mail_postfix-dovecot

minecraft

  • ubuntu で minecraft server
  1. 構成
    • 公式のminecraftディレクトリ
      • ./minecraft
    • Spigot の build用ディレクトリ
      • ./build
    • Spigot の実行用ディレクトリ
      • ./minecraftSpigot
  2. まずは公式
    • java のインストール(jre)
      • OpenJDK のバージョンを検索くかも。。。)
        sudo apt search openjdk-\(\.\)\+-jre$
      • install
        sudo apt-get install openjdk-8-jre
    • java のバージョンチェック
      java -version
    • まずは server soft のダウンロード
    • 公式ダウンロード
    • 以下URLを買い換えてdownload
      wget  https://launcher.mojang.com/v1/objects/3737db93722a9e39eeada7c27e7aca28b144ffa7/server.jar
      • この時のバージョンは 1.13.2.jar らしいですね。
    • これを以下のコマンドで起動
    • java -Xmx1024M -Xms1024M -jar minecraft_server.1.13.2.jar nogui
  3. Bukkit について
    • 以下、転載です。
      • Craftbukkitとは、BukkitAPIを実装したラッパータイプのサーバーMODである。
    • このwikiではこれを使わないので無視
  4. 公式のサーバーから Spigot へ移行する。
    • Spigot ダウンロードの準備
      mkdir build
      cd build
    • Spigot のダウンロード
      • こちらから
      • 例)
        wget https://hub.spigotmc.org/jenkins/job/BuildTools/lastSuccessfulBuild/artifact/target/BuildTools.jar
    • build します。
      java -jar BuildTools.jar
    • server の jar file をコピー(移動)します。
      mkdir ./minecraftSpigot
      cd ./minecraftSpigot
      mv ../build/spigot-1.*.jar ./spigot.jar
    • 一度そのまま起動します(dummyのworld dataを作ります。)
      java -XX:MaxPermSize=1024M -Xms512M -Xmx1536M -jar spigot.jar
    • ここでユーザーの接続が必要かどうかは忘れました。すみません(^^;)
    • そして停止(実行IDの確認)
      ps ax | grep spigot
    • 以下の場合は 2116
      2116 ?        Sl   739:06 java -Xmx2G -Xms2G -jar ../mineSpigot/spigot.jar nogui
    • 停止
      kill 2116
    • world dataを公式serverのデータからコピー
      最初にworld dataのバックアップ(念の為)
      • cp -fr world world_org
      • cp -fr world_nether world_nether_org
      • cp -fr world_the_end world_the_end_org
    • オリジナルサーバからworld dataのコピー
      • cp -fr ../minecraft/world ./world
      • cp -fr ../minecraft/world ./world_nether
      • cp -fr ../minecraft/world ./world_the_end
    • 起動 script
      • vim minecraftServer.sh
        #!/bin/bash
        cd /home/minecraft/server;
        
        java -XX:MaxPermSize=1024M -Xms512M -Xmx1536M -jar spigot.jar

mysql

nfs

php

  • Centos6にPHP5.6をインストールする?

proxy_squid

pukiwiki

router

rsync

samba

snmp

  • ubuntu に snmp をインストールする。
    sudo apt-get install snmpd snmp

ssl証明書の購入

vpn_centos

webdav_owncloud

wordpress_ブログ作成

x11vnc

zabbix

  • version : 2.2
    • グラフ文字化け対策
      • graphfont.ttf のシンボリックリンクを削除
        sudo rm /usr/share/zabbix/fonts/graphfont.ttf
      • 新しい graphfont.ttf のシンボリックリンクを作成
        sudo ln -s /usr/share/fonts/ipa-gothic/ipag.ttf /usr/share/zabbix/fonts/graphfont.ttf
  • インストール
    • CentOS6 へ zabbix-agent のインストール
      • レポジトリの追加
        sudo rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/2.2/rhel/6/x86_64/zabbix-release-2.2-1.el6.noarch.rpm
      • インストール
        sudo yum install zabbix-agent
    • CentOS7 へ zabbix-agent のインストール
      • レポジトリの追加
        sudo rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/3.0/rhel/7/x86_64/zabbix-release-3.0-1.el7.noarch.rpm
    • Ubuntu へ zabbix-agent のインストール
      sudo apt-get install zabbix-agent
  • 設定
    • sudo vi /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
      • Servername=zabbixserver.hogehoge.com
      • Hostname=webserver.hogehoge.com
  • 起動時の自動実行
    • CentOS6
      sudo chkconfig zabbix-agent on
    • Ubuntu
      sudo apt-get install sysv-rc-conf
      sudo sysv-rc-conf zabbix-agent on
  • トラブル
    • zabbix サーバが「いいえ」になっている
      • SELinux の設定を確認
    • ubuntu でZabbixサーバーから10050 portの疎通が取れない

Linux、分散ファイルストレージ、moose file system、moosefs、mfs

その他

vi_vim

  • 置換
    1. 通常
      :%s/置換前文字列/置換後文字列/gc
    2. path 名などを変更するときは区切り文字を「;」へ
      %s;/var/home;/home;gc
    3. 行の範囲を指定
      :63,79s /beauty/hairnail/g
  • 行番号の表示
    :set nu
  • 履歴
    1. q:
    2. q/
    3. q?
  • コマンド実行
    コマンド説明
    :!コマンドvi を終了せずにシェルコマンドを実行
    :shコマンドプロンプトを実行。exit で vi に戻る
  • 検索
    /
    • 次を検索
      n
    • 前を検索
      N

cpan

perl_http_template

perl -MCPAN -e 'install HTML::Template'
  • perl -MCPAN -e shell
    install HTML::Template

centos_raid

RPMforge_for_CentOS_5

  1. 下記のコマンドを実行
    rpm --import http://apt.sw.be/RPM-GPG-KEY.dag.txt
  2. ここから rpm ファイルをダウンロード
  3. ダウンロードしたファイルを下記のコマンドで実行
    rpm -K rpmforge-release-0.5.2-2.el5.rf.*.rpm
    rpm -i rpmforge-release-0.5.2-2.el5.rf.*.rpm

ntp、動作確認コマンド

ntpq -p

ubuntu、chkconfig、の代わり

#インストール
sudo aptitude -y install sysv-rc-conf

#一覧の表示
sudo sysv-rc-conf -list
sudo sysv-rc-conf -list | grep ssh

#切り替え
sudo sysv-rc-conf ssh onまたはoff

シングルモードでの起動

  • Ubuntu10.04でシングルユーザーモードでログインする方法
    1. GRUBメニューに入る
    2. カーネルバージョンが表示される画面(GRUB画面)に入ったらカーソルが一番上にある状態で「e」を押下しエディットモードに入る
      (「recovery mode」と記載されていないほうでやる)
    3. 先頭が「linux」で始まる記述があるのを確認する
    4. その行末の(または行内にあるであろう)「ro」という記述を「rw」にする
    5. 上に加えて以下を行末に追加する「linux single init=/bin/sh」
    6. 起動する
      (おそらく「Ctrl + x」で起動可能)
    7. 起動後に「#」と表示されたら「bash」と入力し「root@(none)」と表示されればシングルユーザーモードでもログインが成功している

ディレクトリ毎の合計容量をソートして表示du

  • du -s * | sort -n
  • ドットファイルを含める
    du -s /home/hogehoge/* /home/hogehoge/.[^\.]* | sort -rn

apt-get_エラー

  1. 削除できない
    • /var/lib/dpkg/info 内の対象ファイルを片っ端から rename
      • $ sudo mv opera.prerm opera.prerm.bak
      • $ sudo mv opera.config opera.config.bak
      • $ sudo mv opera.list opera.list.bak
      • $ sudo mv opera.md5sums opera.md5sums.bak
      • $ sudo mv opera.postinst opera.postinst.bak
      • $ sudo mv opera.postrm opera.postrm.bak
      • $ sudo mv opera.templates opera.templates.bak
    • 削除コマンド実行
      • $ sudo dpkg --remove --force-remove-reinstreq opera
  2. apt でエラー出る
    • sudo apt-get clean
    • sudo apt-get install -f

CUIの文字色を変更する

  • dircolors -p > ~/.dir_colors
  • vi ~/.dir_colors

UbuntuをCUI起動

  • キーワード:ランレベル変更
  • 編集するファイル
    sudo vi /etc/default/grub
  • 設定の変更
    GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFALUT="quiet splash text"
  • 設定を反映
    sudo update-grub

省電力

  1. Ubuntu
    • ソフトTLP
      sudo add-apt-repository ppa:linrunner/tlp
      sudo apt-get update
      sudo apt-get install tlp tlp-rdw smartmontools ethtool
    • GUI 制御
    • conf ファイルの編集
      sudo vi /etc/default/tlp
  2. CentOS
    • ここを参考にしました1
    • ここを参考にしました2
    • Install
      sudo yum install cpuspeed
    • acpi-cpufreq driver の適用 (.ko は除いて適用する)
      cd /lib/modules/[kernel]/kernel/arch/[arch tecture]/kernel/cpu/cpufreq/
    • sudo modprobe acpi-cpufreq
    • 設定可能なクロック数の確認
      cat /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/scaling_available_frequencies
      3200000 2800000
    • 設定ファイルの編集
      sudo vi /etc/sysconfig/cpuspeed
    • 下記3箇所を設定
      GOVERNOR=userspace
      MAX_SPEED=2800000
      MIN_SPEED=3200000
    • デーモンの起動
      sudo /etc/init.d/cpuspeed start
    • 再起動時の自動起動
      sudo chkconfig cpuspeed on

img ファイルを SD カードへ

  • sudo dd if=/home/hogehoge/temp/Pidora-2014-R1/Pidora-2014-R1.img of=/dev/sdb

proxy経由でアクセスする設定

tcpdump_複数ポート_port(例)

tcpdump -i eth0 port 20 or port 21 or port 80

パッケージ関連まとめ

debian 系の syslog

  • 設定ファイル
    /etc/rsyslog.conf

LPIC

ubuntu、を CUI で起動する。

  1. /etc/init/lightdm.overrideファイルを作成
    sudo vi /etc/init/lightdm.override
  2. 以下のフレーズを書き込む
    manual
  3. GUI起動にしたい場合は/etc/init/lightdm.overrideファイルを削除するか、以下のようにコメントアウト
    # manual
  4. CUI起動したけどGUIに切り替えたい時
    sudo lightdm
ctrl + alt + F7

Kernel panic – not syncing: Attempted to kill init! 対応

  • 参考(SELinuxを無効にしたらカーネルパニック)
  • grub の編集
    • 知らなかったのですが、SELinux を無効にして /boot/grub/grub.conf に
      何も書かないとエラーになるらしいです。
      なので enforcing=0 という語句を追加します。
    • sudo vi /boot/grub/grub.conf
    • kernel /boot/....... の最後に
      enforcing=0
      を追加します。
  • 起動時にエラーが出た場合
    • grub の選択画面で「e」キーを押します。
    • kernel /boot/....... の最後に
      enforcing=0
      を追加します。
    • 「b」キーで起動します。

/etcディレクトリの自動バックアップ

  • install
    sudo apt-get install etckeeper bzr
  • /etc の初期状態を保存
    sudo etckeeper init
  • 削除業と追加行の表示
    sudo etckeeper vcs diff
  • 元の状態に戻す
    • sudo etckeeper vcs checkout -- (フルパス)ファイル名

syslog, rsyslog

  • 設定ファイル
    /etc/rsyslog.conf共通設定ファイル
    /etc/rsyslog.d/*.conf個別の設定ファイル
    /etc/sysconfig/rsyslog起動オプション
  • iptables のログ出力先を変更
    vi /etc/rsyslog.conf
  • 以下を追加
    #iptables log
    kern.debug /var/log/iptables.log

ファイルを消してもディスクの空き容量が増えない場合

  • 何かのプロセスがその消したファイルを掴んでいる
    • そのファイルを掴んでいるプログラムを再起動する
      • service httpd restart

RHEL(CentOS) ホスト名を変更する(hostname)

  • sudo vi /etc/sysconfig/network
    HOSTNAME=unya.hogehoge.com
    NETWORKING=yes 

rpm-build, rpmbuild のインストール

sudo yum install rpm-build
sudo yum install rpmdevtools yum-utils

nslookup のインストール(CentOS)

sudo yum install bind-utils

サーバの自動実行に追加するコマンド

elasticsearch というソフトを例で

sudo update-rc.d elasticsearch defaults

networkを認識しない。例) eth0,ネットワークカードを認識しない

  • 以下コマンドで eth0 が無いことを確認
    ifconfig
    lsmod
  • modprobe でネットワークドライバの読み込み
    modprobe epic100
  • ifconfig で eth0 を上げる
    ifconfig eth0 up
  • ifconfig でeth0が認識されていることを確認
    ifconfig
  • network 設定の確認
    • vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
      ONBOOT=yes
  • Service の再起動
    service network restart

Active Directory 参画

cron, sudo, sudo: sorry, you must have a tty to run sudo

Certificate error

  • 参考サイト:certwatchの警告メール(身の回り4畳半近辺の日記)
  • 以下のようなメッセージが出ます。
    Certificate for hostname 'host.localdomain', in file (or by nickname):
         /etc/pki/tls/certs/localhost.crt
    
      The certificate needs to be renewed; this can be done
      using the 'genkey' program.
    
      Browsers will not be able to correctly connect to this
      web site using SSL until the certificate is renewed.
  • ということで、SSLを使用しているサーバーでなくても出るみたいです。
  • 最初に旧証明書を消去
    sudo rm /etc/pki/tls/certs/localhost.crt
    sudo rm /etc/pki/tls/private/localhost.key
  • 以下のコマンドを実行
    sudo genkey localhost

swap 領域を拡張する。

  • 以下は例です。必ず実環境に合わせてコマンドを実行してください。
    例として /dev/sdb4 を対象に進めます。
  • 参考サイト(外部)
  1. 新規のパーティション全部をswap領域とする場合
    1. fdiskコマンドでswap領域のラベルをセットする。
      1. fdisk を起動
        sudo fdisk /dev/sdb4
      2. helpの表示
        m
      3. 現在の状態を確認
        p
      4. パーティションの作成
        n
      5. システムIDの変更
        t
        82
      6. 確認
        p
      7. 保存してfdiskを終了する。
        w
    2. 再起動(システムIDの反映)
      sudo shutdown -r now
    3. swap領域の作成
      sudo mkswap /dev/sdb4
    4. swap領域の有効化
      sudo swapon /dev/sdb4
    5. 確認
      free
    6. (参考:swap領域を無効化)
      swapoff /dev/sdb4
    7. swap領域の自動マウント
      vi /etc/fstab
    8. 以下を追加
      /dev/sdb1  swap   swap    defaults   0 0
  2. 今あるディスクにswap領域を作成する場合
    • (作成中)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-06-12 (水) 19:04:07 (40d)