Dramsuko_wiki

Linux

目次

Linux_Common

コマンド メモ

ファイルシステム

  • 強制 umount
    sudo umount -l ディレクトリ
  • 全てmount [#ua2f8bc5]
    sudo mount -a
  • ext4 フォーマット [#d6df1d57]
    mkfs.ext4
  • HDD、パーティションラベル [#zbb73ab2]
    e2label|
    • 単体でラベル確認。引数でラベル設定)

映像

  • ffmepg マルチコア対応オプション
    -threads 8

テキスト

  • Sort
    sort -t: -k3 -n  /etc/group
  • nl 行番号を付与する
    nl [ オプション ] [ ファイル名 ]
    オプション内容
    -h<形式>指定した形式でヘッダに行番号を付加する
    -b<形式>指定した形式で本文に行番号を付加する
    -f<形式>指定した形式でフッタに行番号を付加する

    形式内容
    a全ての行
    t空白以外の行
    n行番号を付加しない
    • 論理テキストの表記方法
      \:\:\:ヘッダの開始を意味する行
      \:\:本文の開始を意味する行
      \:フッタの開始を意味する
    • nl -ha -bt -fn sample.txt
  • grep
    • 含まれる文字列を指定したファイル検索
      • 方法1
        find ./ -name "*.*" |  xargs grep -n "hoge"
      • 方法2
        find ./ -name "*.*" |  xargs -I{} grep -n "hoge" {}
    • 文字列が含まれない行を検索
      grep searchChar  | grep -v noExistsChar
  • tail -f
    • less で同じ機能を実現する
      less +F
    • tail モードとの切り替え
      Shift + f (大文字F)
    • less モードへ
      ctrl + c

システム監視、top

ターミナルマルチプレクサー(tmux)

ssh などリモートでログインしている時のセッションを保持する。
作業中、ネットワークが切断されたりターミナルがブチ切れした時も
続きから作業が行える

  • 参考:tmuxチートシート(Qiita サイト)
  • 参考:tmux基本のコマンド(nato's memo サイト):?
  • install
    • ubuntu
      sudo apt-get install tmux
    • centos
      sudo yum install epel-release
      sudo yum install tmux
  • .bashrc の記述内容
    # 初回シェル時のみ tmux実行
    if [ $SHLVL = 1 ]; then
       tmux
    fi
  • tmux を実行し tmux モードへ
    • tmux (Enter)
    • ショートカット:C-b c
  • 前回セッションの復帰
    • tmux attach (Enter)
    • tmux a
      ショートカット:無し
  • その他コマンド
    • 新規セッション開始
      • ショートカット:C-b c
    • セッション名変更
      • ショートカット:C-b ,
    • ウィンドウ一覧表示/移動¶
      • ショートカット:C-b w
    • 前/次のウィンドウ移動
      • ショートカット:C-b p
      • ショートカット:C-b n
    • 最後に操作したウィンドウへ移動
      • C-b l
    • 指定したウィンドウへ移動
      • C-b ウィンドウ番号
    • ウィンドウを強制終了¶
      • C-b &
    • ペイン分割
      • C-b "
      • C-b %
    • ペイン分割解除
      • C-b !
    • ペイン強制終了
      • C-b x
    • ペイン間移動
      • C-b o
    • ペインを入れ替え
      • C-b {
    • セッションの確認
      • tmux list-sessions
      • tmux ls
    • デタッチ¶
      • C-b d
    • アタッチ
      • tmux attach
      • tmux a
      • tmux attach -t 0
    • セッションの名前変更
      • tmux rename-session -t 0 hoge
      • tmux rename -t 0 hoge
    • ウィンドウ配置の変更
      • C-b Space
    • コピーモードの使い方¶
      • コピーモードに入る。
        C-b [
    • 名前をつけて新規セッション開始
      tmux new -s <セッション名>
    • セッションの一覧表示
      tmux ls
    • 接続クライアントの一覧表示
      tmux lsc
    • セッションを再開 ※-t <対象セッション名>でセッション名の指定も可能
      tmux a
      tmux a -t testSession
    • セッションを終了 ※-t <対象セッション名>でセッション名の指定も可能
      tmux kill-session
      tmux kill-session -t testSession
    • tmux全体を終了
      tmux kill-server
    • その他コマンドを実行
      tmux [command [flags]]

sudo で adduser や sbin コマンドを使えない

  • パスが通っていない
  • 以下のコマンドを実効化 .bashrc に追記
    export PATH=$PATH:/usr/sbin/

1つ前のディレクトリに戻る

cd -

その他

  1. ls でサイズ順にソートする
    ls -S
  2. pingコマンドの出力結果にタイムスタンプを付与する
    ping 8.8.8.8 | xargs -L 1 -I '{}' date '+[%Y/%m/%d %H:%M:%S] {}'
    • nohup する場合は ` でくくる
      nohup `ping 8.8.8.8 | xargs -L 1 -I '{}' date '+[%Y/%m/%d %H:%M:%S] {}'`
  3. export した環境変数を削除する。
    unset http_proxy
    export http_proxy="" では削除されないので注意
  4. ファイルの合計容量を取得
    du -bhc ~/*.pdf

圧縮・解凍

tar.gz

  • tar xzfv filename.tar.gz

tar.bz2、tbz

  • bzip2 -dc filename | tar xvf -

.gz

  • gunzip ファイル名

Network

ubuntu、network_設定

  1. 設定方法1
    • dns-nameservers を利用可にする。
      • sudo apt-get install resolvconf
    • Network 情報の記述
      • sudo vi /etc/network/interfaces
      • 下記を追加
        auto lo
        iface lo inet loopback
        
        auto eth0
        iface eth0 inet static
        address 192.168.1.43
        network 192.168.1.0
        netmask 255.255.255.0
        broadcast 192.168.1.255
        gateway 192.168.1.1
        dns-nameservers 192.168.1.37 192.168.1.35 192.168.1.1
        
        auto eth1
        iface eth1 inet dhcp
    • リゾルバ(resolv.con)の設定
      • sudo vi /etc/resolv.conf
        nameserver 192.168.1.37
        nameserver 192.168.1.35
        search tar3.net
    • network-manager の無効化
      #インストール
      sudo aptitude -y install sysv-rc-conf
      
      #切り替え
      sudo sysv-rc-conf network-manager off
      sudo sysv-rc-conf networking on
    • network-manager のアンインストール
      sudo apt-get remove network-manager
    • network の再起動
      sudo /etc/init.d/networking restart
    • network の再起動2
      sudo ifdown eth0
      sudo ifup eth0
      sudo ifdown eth1
      sudo ifup eth1
  2. 設定方法2
    • 複数の場合はスペース区切り
      sudo vi /etc/resolvconf/resolv.conf.d/base
      nameserver 192.168.11.1 192.168.11.2
    • 設定の反映
      sudo resolvconf -u
    • 確認
      cat /etc/resolv.conf

CentOS,RedHat? Network 設定

  • sudo vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
    DEVICE=eth0
    BOOTPROTO=static
    ONBOOT=yes
    NM_CONTROLLED=no
    
    IPADDR=192.168.1.29
    NETMASK=255.255.255.0
    GATEWAY=192.168.1.1
  • リゾルバ設定
    • sudo vi /etc/resolv.conf
      nameserver 192.168.12.12
      nameserver 192.168.11.11
      search tar3.net
  • network の再起動
    sudo /etc/init.d/networking restart
  • network の再起動2
    sudo ifdown eth0
    sudo ifup eth0

/etc/resolv.conf が元に戻ってしまう

  • 以下を編集
    sudo vi /etc/resolvconf/resolv.conf.d/base 
  • 追加
    nameserver 192.168.1.1
    nameserver 192.168.1.2
    search tar3.net
    ※自分の環境ではこれをやっても resolv.conf が
    勝手に書き換わってしまうので、結局上記の
    network-manager をやめて /etc/network/interfaces からの
    /etc/init.d/networking へ。
    さらに、/etc/init.d/networking restart で設定が反映されず
    sudo ifdown eth0 && sudo ifup eth0
    で設定を反映させました。。。

Linux ディストリビューション distribution

Debian 系

  1. Debian
    • Linux ディストリビューションの中でもかなり老舗
    • Ubuntu よりシンプルな構造で軽量。
    • パッケージ管理システムは apt
  2. Ubuntu
    • デスクトップ用途に向いているDebianベースのディストリビューション。
      • デバイスドライバが豊富で、ハードウェアは大体認識する。
    • 2年に一度、LTS(Long time support)、半年に一度のバージョンアップが行われる。
      • LTS のサポート期間は確か5年。
    • パッケージ管理システムは apt
  3. WattOS
    • Debian ベースのディストリビューション。
    • 省電力に特化。TLPなどを用いながら省電力化。
  4. Kali Linux
    • Debian ベースのディストリビューション。
    • サーバーに潜む脆弱性の発見に特化。
    • パッケージ管理システムは apt

Redhat 系

  1. CentOS
    • 有名な有償 Linux ディストリビューション RedHat? のコピーOS
    • 無料
    • ほぼ RedHat? のフル機能が使用可能
    • パッケージ管理システムは yum
  2. Fedora
    • RedHat? の実験的機能が実装された無償ディストリビューション。
    • 無料
    • かなり頻繁に更新される模様。
    • パッケージ管理システムは yum

その他

  1. Puppy Linux
    • 軽量Linux の代表格
    • 独自のシステムでパッケージ管理も独自。

その他

タイムスタンプ

  • 参考サイト
  • UNIXファイルのタイムスタンプは以下の3つ。
    タイムスタンプ名説明参照コマンド
    atime最終アクセス時刻 (access time)ls -lu
    mtime最終変更時刻 (modify time)ls -l
    ctime最終ステータス変更時刻 (change time)ls -lc

ubuntu版chkconfig

sudo apt-get install sysv-rc-conf
sudo sysv-rc-conf networking on

ユーザー、グループ管理

ユーザー、グループ管理

Ubuntu LTS upgrade

sudo do-release-upgrade

ファイルがあり実行権限があるのに「そのようなファイルやディレクトリはありません」「No such file or directory」と表示される

  • 32bitアプリ、64bitアプリが合ってない可能性がある

Linux_Client

Install

Ubuntu 16.04 Install

Lenovo_E440_Ubuntu_14.04_Install

Ubuntu_12.04_初期インストール

Sony_VAIO_Type_P_Ubuntu_10.04_Install

おすすめソフト

おすすめソフト(Linux)

Browser、Thunderbird 拡張機能、Tips

Chrome_拡張機能_TIPS

Firefox_おすすめ_拡張アドオン_add_on

Firefox_Tips

Thunderbird

Movie,映像

ffmpeg_インストール~

ts ファイルが「メッセージカタログ」として認識される問題

sudo vi /usr/share/mime/packages/Overrides.xml
   <?xml version='1.0' encoding='utf-8' ?>
   <mime-info xmlns="http://www.freedesktop.org/standards/shared-mime-info">
     <mime-type type="video/mp2t">
       <comment>mpeg-2 transport streams</comment>
       <glob pattern="*.ts" />
     </mime-type>
   </mime-info>
sudo update-mime-database /usr/share/mime

linux でタイムラプス写真

前提:ubuntu でやります。

  1. sudo apt-get install libav-tools
  2. 写真のファイル名を連番にリネーム(ファイル名変更)します。
    1. vi rename.sh
      i=0
      for n in *.JPG
      do
        mv $n $(printf %04d $i).jpg
        i=$(expr $i + 1)
      done
    2. chmod +x rename.sh
    3. ./rename.sh
    • これで4桁数字+ファイル名 例) 0001.jpg に変換されます。
  3. 動画へ変換
    • 動画変換は avconv コマンドを使います。
      avconv -r 10 -i %04d.jpg -r 10 -vcodec libx264  -crf 29 -g 15 -s 840x560 video.mp4

Hulu などの chrome における flash 再生での文字化け対応

sudo apt-get install fonts-arphic-uming
cd /usr/share/fonts/truetype
sudo cp fonts-japanese-mincho.ttf arphic/uming.ttc

Program

Eclipse]]~ &aname(rc7b1fb5?

phpで、Nikonのカメラで撮ったjpeg画像から、レンズ情報を抜き出す方法]]~ &aname(u871a2c7?

Ubuntu の GUI 環境で java アプリが文字化けする。

  • Ubuntu で java が文字化けする [#ub6f39b6]
    1. 以下の場所に fonts/fallback というフォルダを作成する
      cd /usr/lib/jvm/java-7-oracle/jre/lib
      sudo mkdir -p fonts/fallback
    2. 作F成したフォルダに移動し、フォントのシンボリックリンクを貼る
      cd fonts/fallback/
      sudo ln -s /usr/share/fonts/truetype/takao/Takao* ./
      以上です。
    3. Takao のフォルダ構造が変わっている場合
      sudo ln -s /usr/share/fonts/truetype/takao-gothic/Takao* ./

リモートデスクトップ、デスクトップ共有

Linux、リモートデスクトップ、xrdp

Linux、リモートデスクトップ、xrdp

VNC [No matching security types] 対応

  • ssh やリモート接続でないローカルの「端末」 で下記を実行
    gsettings set org.gnome.Vino require-encryption false

リモートデスクトップ、デスクトップ共有(Server側)

  • X2Go
    • Ubuntu(Server)
      sudo add-apt-repository ppa:x2go/stable
      sudo apt-get update
      sudo apt-get install x2goserver x2goserver-xsession
    • Ubuntu(Client)
      sudo add-apt-repository ppa:x2go/stable
      sudo apt-get update
      sudo apt-get install x2goclient

vnc4server

  • 基本設定
    sudo apt-get install vnc4server
    vncserver :1
    vncserver -kill :1
    vi .vnc/xstartup
  • kde の場合、xstartup の最後に下記を設定
    #x-window-manager &
    startkde &
  • xfce の場合
    1. xfce の xstartup 例
      &pgid(,xstartup]]

Window Manager

gnome

kde

  • konqueror 等で smb:// でアクセスする際のアクセス権
    (~へのアクセスは拒否されました。)
    1. KDE システム設定
    2. 「共有」
    3. Windows のユーザー名を記入
      • 例)
        win\windowsUser
        Password

トラブルシューティング_trouble

マウスホイール(スクロール)が効かない_mouse_scroll

以下の設定を再度実行

firefox_右クリック、メニュー表示されない問題

firefox_右クリック、メニュー表示されない問題?

Ubuntu_'Waiting_up_to_60_more_seconds_for_network_configuration...' 対策

Ubuntu_'Waiting_up_to_60_more_seconds_for_network_configuration...'_対策

ubuntu 「システム設定」が消える, 表示されない

  1. 「Ubuntuソフトウェアセンター」から「システム設定」で検索。
  2. インストール

その他

usbへimgファイルを書き込み

sudo dd if=hdd_image-nwdsn.img of=/dev/sdb
  • ※sdb は適宜変更が必要です。
    そのまま実行するとデータが消えてしまうことがあります。

「デスクトップ」から「desktop」などのシンボリックリンク

  • 端末(terminal)で日本語を打つのが面倒なので英語化(^^)
  • 「デスクトップ」 <> 「desktop」のシンボリックリンク
    • ln -s デスクトップ desktop
  • 「ダウンロード」 <> 「download」のシンボリックリンク
    • ln -s ダウンロード download

Linux_Version(バージョン)_bit数(32bit64bit)の確認

  • Redhat,CentOS
    • cat /etc/redhat-release
  • ubuntu
    • uname -a
    • cat /etc/lsb-release
  • debian
    • uname -a
    • cat /etc/debian_version

bonding

bonding

モニターのキャリブレーション Display Monitor Calibration

モニターのキャリブレーション_Display_Monitor_Calibration

conky .conkyrc

conky_.conkyrc

logitech mouse keybind

logitech_mouse_keybind

winff 関係

winff_ffmpeg_関係

Linux Remote 接続 xming

Linux_Remote_接続_xming

EPSON Printer EP-801Aの設定

EPSON_Printer_EP-801Aの設定

Unity、使用体験記

Unity、使用体験記

HDMI_音

HDMI_音

kernel panic 後自動で再起動

kernel_panic後自動で再起動

HDD 完全消去方法

HDD_完全消去方法

対象のファイルがどの_apt_ファイルに入っているか検索_apt-file

対象のファイルがどの_apt_ファイルに入っているか検索_apt-file

proxy経由でアクセスする設定

proxy経由でアクセスする設定

Gnome_Classic_の_Window_境界を広くする。

Gnome_Classic_の_Window_境界を広くする。

Ubuntu 12.04 > 14.04 Upgrade

sudo update-manager -d

install_後に_hostname_を変更する(Ubuntu)

  1. cui 下記のファイルを編集>再起動
    vi /etc/hostname
  2. gui
    • 「システム」→「システム管理」→「ネットワークの管理」

パッケージ関連まとめ

パッケージ関連まとめ

LDAP Client の設定

bg、バックグラウンド実行で「どこにも出力しない」出力先

kde,kde system program problem detected 対応、対策

  • /var/crash/* を消す。
    sudo rm /var/crash/*

キーボード-xmodmap-keyboard

ubuntu 暗号化(LUKS(Linux Unified Key Setup)

  • とりあえずキーワードだけ
    (内容はこれから書くかもしれないし、書かないかもしれないし。。。)

ATOK X3 for Linux を Ubuntu 14.04 64bit にインストールする

ATOK_X3_for_Linux_をUbuntu_14.04_64bit_にインストールする

2GB 以上のメモリーカード(FAT32)をマウントする。

sudo mount -t vfat /dev/sdc1 /mnt/sdc1

fcitx-mozc で入力後全角になる。

  • タスクトレイにあるアイコンをmozcがオンの状態でクリック、
    上から2つ目のあたりにある「全角文字」をクリックし、
    「半角文字」に切り替える

Linux_Server

インストール関連

CentOS_6.3_初期インストール

CentOS_6.3_初期インストール

CentOS_7_初期インストール

CentOS_7_初期インストール

debian系_初期インストール(ほとんど中身無し。これから書きます)

debian系_初期インストール

Machine

  • tar3.net サーバ
    • tar3.net ドメインのホームページやソフトは以下のコンピューターで動いてます。
    • ここに無料の VMWare ESXi を入れて
      仮想コンピューター上でサーバーを起動しています。
    • 正確には VMWare ESXi がプリインストールされた
      サーバー(HP ProLiant? ML110 G6)を買いました。
      ラズベリーパイ_Raspberry_Pi

Server Soft

Air Video Server のインストールと設定(Ubuntu)

  1. レポジトリの登録
    sudo apt-get install python-software-properties
    sudo apt-add-repository ppa:rubiojr/airvideo
    sudo apt-get update
    sudo apt-get install airvideo-server

apache

apache_httpd

bind_DNS

bind_DNS

DHCP

DHCP

friio-CentOS6

friio-CentOS6

ftp_proftp

ftp_proftp?

HomePage

HomePage

iptables_firewall

  1. 設定ファイルの読み込み
    /sbin/iptables-restore  < iptables
  2. iptables を再起動した時に設定が保存されるようにする
    /etc/init.d/iptables save
  3. log 出力設定 (下記2つのどちらかを追加)
    • vi /etc/syslog.conf
      # iptables log
      *kern.debug /var/log/iptables
    • vi /etc/rsyslog.conf
      # iptables log
      *kern.debug /var/log/iptables
  4. iptables の状態表示
    #yum install iptstate
    #iptstate

snmp

  • ubuntu に snmp をインストールする。
    sudo apt-get install snmpd snmp

ubuntu に lamp 環境をインストールする

  1. lamp とは以下のプログラムの頭文字だYO
    1. Linux
    2. Apache(Web)
    3. Mysal(Database)
    4. PHP(Web programing言語)
  2. install
    1. sudo apt-get update
    2. sudo apt-get install tasksel
    3. sudo tasksel install lamp-server

logwatch

logwatch

openldap

openldap

mail_postfix-dovecot

mail_postfix-dovecot

mysql

mysql

nfs

nfs

proxy_squid

proxy_squid

pukiwiki

pukiwiki_tips

rsync

rsync

samba

samba

router

router

ssl証明書の購入

ssl証明書の購入

vpn_centos

vpn_centos

webdav_owncloud

webdav_owncloud

wordpress_ブログ作成

wordpress_ブログ作成

x11vnc

x11vnc

zabbix

  • version : 2.2
    • グラフ文字化け対策
      • graphfont.ttf のシンボリックリンクを削除
        sudo rm /usr/share/zabbix/fonts/graphfont.ttf
      • 新しい graphfont.ttf のシンボリックリンクを作成
        sudo ln -s /usr/share/fonts/ipa-gothic/ipag.ttf /usr/share/zabbix/fonts/graphfont.ttf
  • インストール
    • CentOS6 へ zabbix-agent のインストール
      • レポジトリの追加
        sudo rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/2.2/rhel/6/x86_64/zabbix-release-2.2-1.el6.noarch.rpm
      • インストール
        sudo yum install zabbix-agent
    • Ubuntu へ zabbix-agent のインストール
      sudo apt-get install zabbix-agent
  • 設定
    • sudo vi /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
      • Servername=zabbixserver.hogehoge.com
      • Hostname=webserver.hogehoge.com
  • 起動時の自動実行
    • CentOS6
      sudo chkconfig zabbix-agent on
    • Ubuntu
      sudo apt-get install sysv-rc-conf
      sudo sysv-rc-conf zabbix-agent on
  • トラブル
    • zabbix サーバが「いいえ」になっている
      • SELinux の設定を確認

Linux、分散ファイルストレージ、moose file system、moosefs、mfs

Linux、分散ファイルストレージ、moose_file_system_moosefs_mfs

その他

vi_vim

  • 置換
    1. 通常
      :%s/置換前文字列/置換後文字列/gc
    2. path 名などを変更するときは区切り文字を「;」へ
      %s;/var/home;/home;gc
    3. 行の範囲を指定
      :63,79s /beauty/hairnail/g
  • 行番号の表示
    :set nu
  • 履歴
    1. q:
    2. q/
    3. q?
  • コマンド実行
    コマンド説明
    :!コマンドvi を終了せずにシェルコマンドを実行
    :shコマンドプロンプトを実行。exit で vi に戻る
  • 検索
    /
    • 次を検索
      n
    • 前を検索
      N

cpan

cpan

perl_http_template

perl -MCPAN -e 'install HTML::Template'
  • perl -MCPAN -e shell
    install HTML::Template

centos_raid

centos_raid

RPMforge_for_CentOS_5

  1. 下記のコマンドを実行
    rpm --import http://apt.sw.be/RPM-GPG-KEY.dag.txt
  2. ここから rpm ファイルをダウンロード
  3. ダウンロードしたファイルを下記のコマンドで実行
    rpm -K rpmforge-release-0.5.2-2.el5.rf.*.rpm
    rpm -i rpmforge-release-0.5.2-2.el5.rf.*.rpm

ntp、動作確認コマンド

ntpq -p

ubuntu、chkconfig、の代わり

#インストール
sudo aptitude -y install sysv-rc-conf

#一覧の表示
sudo sysv-rc-conf -list
sudo sysv-rc-conf -list | grep ssh

#切り替え
sudo sysv-rc-conf ssh onまたはoff

シングルモードでの起動

  • Ubuntu10.04でシングルユーザーモードでログインする方法
    1. GRUBメニューに入る
    2. カーネルバージョンが表示される画面(GRUB画面)に入ったらカーソルが一番上にある状態で「e」を押下しエディットモードに入る
      (「recovery mode」と記載されていないほうでやる)
    3. 先頭が「linux」で始まる記述があるのを確認する
    4. その行末の(または行内にあるであろう)「ro」という記述を「rw」にする
    5. 上に加えて以下を行末に追加する「linux single init=/bin/sh」
    6. 起動する
      (おそらく「Ctrl + x」で起動可能)
    7. 起動後に「#」と表示されたら「bash」と入力し「root@(none)」と表示されればシングルユーザーモードでもログインが成功している

ディレクトリ毎の合計容量をソートして表示du

  • du -s * | sort -n
  • ドットファイルを含める
    du -s /home/hogehoge/* /home/hogehoge/.[^\.]* | sort -rn

apt-get_エラー

  1. 削除できない
    • /var/lib/dpkg/info 内の対象ファイルを片っ端から rename
      • $ sudo mv opera.prerm opera.prerm.bak
      • $ sudo mv opera.config opera.config.bak
      • $ sudo mv opera.list opera.list.bak
      • $ sudo mv opera.md5sums opera.md5sums.bak
      • $ sudo mv opera.postinst opera.postinst.bak
      • $ sudo mv opera.postrm opera.postrm.bak
      • $ sudo mv opera.templates opera.templates.bak
    • 削除コマンド実行
      • $ sudo dpkg --remove --force-remove-reinstreq opera
  2. apt でエラー出る
    • sudo apt-get clean
    • sudo apt-get install -f

CUIの文字色を変更する

  • dircolors -p > ~/.dir_colors
  • vi ~/.dir_colors

UbuntuをCUI起動

  • キーワード:ランレベル変更
  • 編集するファイル
    sudo vi /etc/default/grub
  • 設定の変更
    GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFALUT="quiet splash text"
  • 設定を反映
    sudo update-grub

省電力

  1. Ubuntu
    • ソフトTLP
      sudo add-apt-repository ppa:linrunner/tlp
      sudo apt-get update
      sudo apt-get install tlp tlp-rdw smartmontools ethtool
    • GUI 制御
    • conf ファイルの編集
      sudo vi /etc/default/tlp
  2. CentOS
    • ここを参考にしました1
    • ここを参考にしました2
    • Install
      sudo yum install cpuspeed
    • acpi-cpufreq driver の適用 (.ko は除いて適用する)
      cd /lib/modules/[kernel]/kernel/arch/[arch tecture]/kernel/cpu/cpufreq/
    • sudo modprobe acpi-cpufreq
    • 設定可能なクロック数の確認
      cat /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/scaling_available_frequencies
      3200000 2800000
    • 設定ファイルの編集
      sudo vi /etc/sysconfig/cpuspeed
    • 下記3箇所を設定
      GOVERNOR=userspace
      MAX_SPEED=2800000
      MIN_SPEED=3200000
    • デーモンの起動
      sudo /etc/init.d/cpuspeed start
    • 再起動時の自動起動
      sudo chkconfig cpuspeed on

img ファイルを SD カードへ

  • sudo dd if=/home/hogehoge/temp/Pidora-2014-R1/Pidora-2014-R1.img of=/dev/sdb

proxy経由でアクセスする設定

proxy経由でアクセスする設定

tcpdump_複数ポート_port(例)

tcpdump -i eth0 port 20 or port 21 or port 80

パッケージ関連まとめ

パッケージ関連まとめ

debian 系の syslog

  • 設定ファイル
    /etc/rsyslog.conf

LPIC

ubuntu、を CUI で起動する。

  1. /etc/init/lightdm.overrideファイルを作成
    sudo vi /etc/init/lightdm.override
  2. 以下のフレーズを書き込む
    manual
  3. GUI起動にしたい場合は/etc/init/lightdm.overrideファイルを削除するか、以下のようにコメントアウト
    # manual
  4. CUI起動したけどGUIに切り替えたい時
    sudo lightdm
ctrl + alt + F7

Kernel panic – not syncing: Attempted to kill init! 対応

  • 参考(SELinuxを無効にしたらカーネルパニック)
  • grub の編集
    • 知らなかったのですが、SELinux を無効にして /boot/grub/grub.conf に
      何も書かないとエラーになるらしいです。
      なので enforcing=0 という語句を追加します。
    • sudo vi /boot/grub/grub.conf
    • kernel /boot/....... の最後に
      enforcing=0
      を追加します。
  • 起動時にエラーが出た場合
    • grub の選択画面で「e」キーを押します。
    • kernel /boot/....... の最後に
      enforcing=0
      を追加します。
    • 「b」キーで起動します。

/etcディレクトリの自動バックアップ

  • install
    sudo apt-get install etckeeper bzr
  • /etc の初期状態を保存
    sudo etckeeper init
  • 削除業と追加行の表示
    sudo etckeeper vcs diff
  • 元の状態に戻す
    • sudo etckeeper vcs checkout -- (フルパス)ファイル名

syslog, rsyslog

  • 設定ファイル
    /etc/rsyslog.conf共通設定ファイル
    /etc/rsyslog.d/*.conf個別の設定ファイル
    /etc/sysconfig/rsyslog起動オプション
  • iptables のログ出力先を変更
    vi /etc/rsyslog.conf
  • 以下を追加
    #iptables log
    kern.debug /var/log/iptables.log

ファイルを消してもディスクの空き容量が増えない場合

  • 何かのプロセスがその消したファイルを掴んでいる
    • そのファイルを掴んでいるプログラムを再起動する
      • service httpd restart

RHEL(CentOS) ホスト名を変更する(hostname)

  • sudo vi /etc/sysconfig/network
    HOSTNAME=unya.hogehoge.com
    NETWORKING=yes 

rpm-build, rpmbuild のインストール

sudo yum install rpm-build
sudo yum install rpmdevtools yum-utils

nslookup のインストール(CentOS)

sudo yum install bind-utils

サーバの自動実行に追加するコマンド

elasticsearch というソフトを例で

sudo update-rc.d elasticsearch defaults

networkを認識しない。例) eth0,ネットワークカードを認識しない

  • 以下コマンドで eth0 が無いことを確認
    ifconfig
    lsmod
  • modprobe でネットワークドライバの読み込み
    modprobe epic100
  • ifconfig で eth0 を上げる
    ifconfig eth0 up
  • ifconfig でeth0が認識されていることを確認
    ifconfig
  • network 設定の確認
    • vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
      ONBOOT=yes
  • Service の再起動
    service network restart

Active Directory 参画

以下、amazon リンク

linux_client_keybord_BSKBC02BK.js is not found or not readable../mouse/ma-erg3.js is not found or not readable.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-11 (木) 14:53:37 (11d)