FrontPage

Linux Client

目次

Install

Ubuntu 22.04 Install

Ubuntu 20.04 Install

Ubuntu 18.04 Install

Ubuntu 16.04 Install

Lenovo_E440_Ubuntu_14.04_Install

Ubuntu_12.04_初期インストール

Sony_VAIO_Type_P_Ubuntu_10.04_Install

おすすめソフト

Browser、Thunderbird 拡張機能、Tips

Chrome_拡張機能_TIPS

Firefox_おすすめ_拡張アドオン_add_on

Firefox_Tips

Thunderbird

写真

おすすめソフト

(外部の方の紹介) 複数の画像をタイル状に結合して1枚にするスクリプト

  • 参考リンク
  • script
    #!/bin/sh
    #montaxy.sh
    #複数枚の画像を1枚に結合する
    #引数は横の枚数、縦の枚数、圧縮の%
    if [ $# -ne 4 ]; then
    echo “Usage: $0 横の枚数 縦の枚数 圧縮% 余白の幅” 1>&2
    exit 1
    fi
    today=$(date "+%y-%m-%d_%H-%M-%S")
    montage -tile $1x$2 -resize $3% -geometry +$4+$4 ./*.jpg export_${today}.jpg
  • とても便利です(^^)
  • Error : montage-im6.q16: width or height exceeds limit
    • 以下を変更
      sudo vim /etc/ImageMagick-6/policy.xml
    • 以下のあたり(変更後)
      <policymap>
        <!-- <policy domain="resource" name="temporary-path" value="/tmp"/> -->
        <policy domain="resource" name="memory" value="2048MiB"/>
        <policy domain="resource" name="map" value="2048MiB"/>
        <policy domain="resource" name="width" value="16MP"/>
        <policy domain="resource" name="height" value="16MP"/>
        <!-- <policy domain="resource" name="list-length" value="128"/> -->
        <policy domain="resource" name="area" value="128GP"/>
        <policy domain="resource" name="disk" value="30GiB"/>

HEIC の画像をjpgへ変換する。jpeg

  • 前提
    • Ubuntu 18.04です。
    • HEICを表示できるビューアを探してましたが検索に引っかからなかったです。。。
  • 参考リンク(外部):ubuntuでheic画像をjpgにまるごと変換する
  • 関連ソフトのインストール
    sudo apt install libheif-examples
  • 1ファイルずつしか変換できないため以下のScriptを書きます。
    変換後、HEICのファイルを「heic」というディレクトリへ移動しています。 (ファイルがダブった感じになるので。。。)
    for file in `\find ./*.HEIC -maxdepth 1 -type f -not -name '*jpg'`; do
        heif-convert $file $file.jpg
    done
    mkdir heic
    mv *.HEIC ./heic/
    • 例) vim heic2jpg.sh
    • 作ったファイルに実行権限の付与
      chmod +x heic2jpg.sh
    • Scriptの実行
      ./heic2jpg.sh

Linuxでamazon photoへ上げる(CLI)(この方法、無償で使用できなくなりました。。。)

  • odriveを使用
  • -> odrive, backup コマンドが有償になってた。。。
    • -> マウントしてrsyncする方法に切り替えます。。。

odrive にアカウント作成

odrive, install

  1. odrive Webページの「Download Linux Agent」リンクから。
  2. curl のインストール
    sudo apt  install curl
  3. 「INSTALL ON LINUX」のコマンドを入力してインストール
    od="$HOME/.odrive-agent/bin" && curl -L "https://dl.odrive.com/odrive-py" --create-dirs -o "$od/odrive.py" && curl -L "https://dl.odrive.com/odriveagent-lnx-64" | tar -xvzf- -C "$od/" && curl -L "https://dl.odrive.com/odrivecli-lnx-64" | tar -xvzf- -C "$od/"

起動

nohup "$HOME/.odrive-agent/bin/odriveagent" > /dev/null 2>&1 &

自動起動させたいので ~/.profile へ追加します。

  • vim ~/.profile
    nohup "$HOME/.odrive-agent/bin/odriveagent" > /dev/null 2>&1 &

認証

  1. odrive にキーを作成
    1. odrive の Web サイトから、右上、名前をクリック
    2. 「PROFILE」
    3. 「AUTH KEYS」tabを選択
    4. 「Create Auth Key」
    5. NameはわかりやすいものでOK。例「AmazonPhoto?
    6. キーをコピーして以下のコマンドを作り実行する。
      python "$HOME/.odrive-agent/bin/odrive.py" authenticate 00000000-0000-0000-0000-000000000000-00000000
      • or
        python3 "$HOME/.odrive-agent/bin/odrive.py" authenticate 00000000-0000-0000-0000-000000000000-00000000

backup コマンド(有償になってました。。。)

odriveの使い方
  1. Backup(例)
    ~/.odrive-agent/bin/odrive backup /path/to/Videos/ "/Amazon Drive/Videos"
  2. 状況確認
    "$HOME/.odrive-agent/bin/odrive" status --backups
  3. backup jobの停止(ここ、マニュアル間違えてます)。引数はIDでストップします。
    "$HOME/.odrive-agent/bin/odrive" removebackup xxxxxxxx-yyyy-cccc-dddd-eeeeeeeeeeee
  4. 定期的に以下のコマンドを実行
    "$HOME/.odrive-agent/bin/odrive" backupnow

代わりに sync を使う

  • イメージ
    1. マウントする
      • ~/.odrive-agent/bin/odrive mount /hogehoge/hogehoge "/Amazon Drive/hogehoge/hogehoge/picture"
    2. sync する
      • ~/.odrive-agent/bin/odrive sync "/hogehoge/hogehoge/directory.cloudf" --recursive --nodownload
    3. ファイルをコピーする
      cp -fr /other/directory /hogehoge/hogehoge/directory
    4. logは以下から
      less ~/.odrive-agent/log/main.log

画像をPDFへ変換する(convert, imagemagick)

  1. imagemagickのインストール
    sudo apt-get install imagemagick
  2. 「cache resources exhausted」対策
    • sudo vim /etc/ImageMagick?-6/policy.xml
      • 多めに変更
        • <policy domain="resource" name="memory" value="16GiB"/>
  3. 「attempt to perform an operation not allowed by the security policy」対策
    • sudo vim /etc/ImageMagick?-6/policy.xml
    • 以下をコメントアウト
      <!-- <policy domain="coder" rights="none" pattern="PDF" /> -->
  4. 使い方(画像からPDFを作成)
    convert *.PNG pdfFileName.pdf

画像をアニメーションGIFにする(Image Magick)

convert -delay 25 -loop 1 *.jpg sunRise.gif

画像を高精細に拡大

  • Upscale
  1. Install
    sudo apt install flatpak gnome-software-plugin-flatpak
    sudo flatpak remote-add --if-not-exists flathub https://flathub.org/repo/flathub.flatpakrepo
    1. 1回、再起動
    2. sudo flatpak install flathub io.gitlab.theevilskeleton.Upscaler
      • 2回質問を聞かれるので、両方とも「y」を入力

音楽

再生中の音を録音する

  1. 前提環境
    • Ubuntu 18.04
  2. Ubuntuのオーディオ設定(Pulse Audio)
    1. pavucontrol のインストール
      sudo apt-get install pavucontrol
    2. メニューから「サウンドとビデオ」, 「PulseAudio? 音量調節」を選択。
    3. 「入力装置」を選択
    4. 右下の「見る」を「All Input Devices」を選択
    5. Monitor of xxxxx の「代替として設定」ボタンを押しアクティブする。
  3. Audacity
    1. Audacityをインストール
      sudo apt-get install audacity
    2. Audacityを起動し「録音」ボタンを押す
    3. PulseAudio? 音量調節」Windowに戻り「録音」タブをクリック
    4. 録音に使用する機器を選択する
  4. PulseAudio? 音量調節」Window,「再生」を選択
    • Audacityの出力をミュートへ。(Loop防止)
      • Chrome playback : ON
      • Audacity playback : OFF
      • Audacity capture : ON
  • ノイズが乗る
    • 自分はHDMIのモニタリングからUA-30というUSBオーディオ・インターフェースに変えたところ直りました。
  • UA-30に変えてからAudacityの録音ボタンを押せない
    • 出力のデバイスを一度HDMIにして pulse に戻したところ解決しました。
  1. Audacityの入力(録音)設定
    • 「ALSA」-「default:Line:1」で録音できた。

スピーカーの出力テスト

speaker-test -c10 -l1 -t wav -w /usr/share/sounds/alsa/Front_Center.wav

録音する(UA-30), 録音できない

  • 録音ボタンを押してもすぐに止まってしまう。
  • Pulse の設定でUA-30 を録音のみに設定する。
    • 「デジタルステレオ出力 + アナログステレオ入力」
      • -> 「アナログ入力」
  • 録音デバイスはdefault の Line0 か Line1 を使用。
    • 出力デバイスは一時的にHDMIを使いました。

mp3の音量の大きさを調整する

Movie,映像

ffmpeg_インストール~

ts ファイルが「メッセージカタログ」として認識される問題

sudo vi /usr/share/mime/packages/Overrides.xml
   <?xml version='1.0' encoding='utf-8' ?>
   <mime-info xmlns="http://www.freedesktop.org/standards/shared-mime-info">
     <mime-type type="video/mp2t">
       <comment>mpeg-2 transport streams</comment>
       <glob pattern="*.ts" />
     </mime-type>
   </mime-info>
sudo update-mime-database /usr/share/mime

linux でタイムラプス写真

前提:ubuntu でやります。

  1. sudo apt-get install libav-tools
  2. 写真のファイル名を連番にリネーム(ファイル名変更)します。
    1. vi rename.sh
      i=0
      for n in *.JPG
      do
        mv $n $(printf %04d $i).jpg
        i=$(expr $i + 1)
      done
    2. chmod +x rename.sh
    3. ./rename.sh
    • これで4桁数字+ファイル名 例) 0001.jpg に変換されます。
  3. 動画へ変換
    • 動画変換は avconv コマンドを使います。
      avconv -r 10 -i %04d.jpg -r 10 -vcodec libx264  -crf 29 -g 15 -s 840x560 video.mp4
    • or avconv の代わりに ffmpeg でも可能
      ffmpeg -r 10 -i %04d.jpg -r 10 -vcodec libx264  -crf 29 -g 15 -s 840x560  video.mp4

Hulu などの chrome における flash 再生での文字化け対応

sudo apt-get install fonts-arphic-uming
cd /usr/share/fonts/truetype
sudo cp fonts-japanese-mincho.ttf arphic/uming.ttc

Ubuntu(16.04)で5.1ch再生

  • 調べた方式は下記2点
    1. Optical 光出力からの S/PDIF
    2. HDMI 出力
  • 結論
    • HDMI出力からしか実現できませんでした。
  • 「HDMIの音声出力」は「HDMIの画面出力」とセットです。
    • HDMIの画面出力をオフにしたまま、音だけを出力することが出来ませんでした。
    • 自分の環境では、D-SubとDVIだったのですが、どちらかをオフにしてHDMIとセットにする必要が有りました。
  • PulseAudio? と Alsa
    • PulseAudio? は Alsa の上に乗っています。
    • Ubuntuのソフト(VLCなど)から直接 Alsa をいじるためには PulseAudo? の停止が必要。
  • PulseAudio? の停止方法
    • sudo vim /etc/pulse/client.conf
    • コメントアウトを外し以下のように変更
      • autospawn = no
      • daemon-binary = /bin/true
    • 停止方法
      • pulseaudio --kill
    • 開始方法
      • pulseaudio --start
  • Ubuntu, 音, サウンド設定の基本(Gnome)
    • [スタート] - [システムツール] - [システム設定] - [サウンド]
    • この設定は PulseAudio? の設定画面です。
  • その他設定方法
    • pavucontrol
      • インストール

        sudo apt-get install pavucontrol

      • このツールのほうが使いやすいです。
  • 参考サイト(外部)

動画の音量を上げる。

  • 現場把握
    ffmpeg -i input.mkv -vn -af volumedetect -f null -
    • 以下に注目。この例ではあと24db上げても大丈夫
      [Parsed_volumedetect_0 @ 0x563fd2585360] max_volume: -24.0 dB
  • あと24db上げる。
    ffmpeg -i input.mp3 -af "volume=24dB" output.mp3

DVDのリッピング

  1. handbrake が良さそう。
    sudo apt install handbrake 
  2. braseroなどでisoへ落とす。
    • braseroで落とした動画は見れなかった。。。
    1. 以下のコマンドでisoをマウント
      1. sudo mkdir /mnt/iso
      2. sudo mount -t iso9660 -o loop /home/hoge/unya.iso /mnt/iso
      • /mnt/iso 配下でファイルが見えるはず

Program

Eclipse

phpで、Nikonのカメラで撮ったjpeg画像から、レンズ情報を抜き出す方法~

Ubuntu の GUI 環境で java アプリが文字化けする。

  • Ubuntu で java が文字化けする [#ub6f39b6]
    1. 以下の場所に fonts/fallback というフォルダを作成する
      cd /usr/lib/jvm/java-7-oracle/jre/lib
      sudo mkdir -p fonts/fallback
    2. 作F成したフォルダに移動し、フォントのシンボリックリンクを貼る
      cd fonts/fallback/
      sudo ln -s /usr/share/fonts/truetype/takao/Takao* ./
      以上です。
    3. Takao のフォルダ構造が変わっている場合
      sudo ln -s /usr/share/fonts/truetype/takao-gothic/Takao* ./

リモートデスクトップ,デスクトップ共有,remote desktop

Linux、リモートデスクトップ、xrdp

Ubuntu

vino

  • デスクトップ共有
    • 「設定」 - 「共有から」
    • 上、「共有」と書いてある右側をオンへ
    • 「画面共有」をクリックしてパスワードを設定

Ubuntu, 22.04, tightvnc,

  1. gnome-shell の CPU 使用率が100%。。。
    原因を調べようとも思ったのですが、面倒そうな(ちょっと調べてわからなかった)ので、
    Window manager毎変える事にしました。
    (この仮想マシンは自宅メールサーバのメールをThunderbirdで自動メール整理してるだけですし。。。)
  2. 参考サイト(外部):Ubuntu 16.04 LTSにXcfe (or LXDE) とTightVNC Serverでリモートデスクトップ環境を構築する
  3. LXDEをインストール
    • LXDE、久しぶりだな〜(^^)
      sudo apt-get install -y lxde-core
  4. TightVNCのインストール
    sudo apt-get install tightvncserver
  5. 設定ファイルを作るために一度起動
    vncserver
    • VNCで接続する時のパスワードを入力
    • 読取専用のパスワードは設定しないので n を選択
  6. 一旦停止
    vncserver -kill :1
  7. 起動設定します。
    • vi ~/.vnc/xstartup
      #!/bin/bash
      xrdb $HOME/.Xresources
      lxsession -s LXDE &
    • 保存して閉じます(:wq)
  8. ufwで許可ポートを設定
    • まぁそんなに使わないとは思うのですが、10 port位開けときます。
      sudo ufw allow from any to any port 5900:5910 proto tcp
    • ufwを再起動
      sudo ufw reload
  9. 接続テスト
    1. vncserver を再起動
      vncserver :1
    2. クライアントからアクセスを確認。
      (自分はアクセス元もubuntuから。krdpを使用)
      vnc://123.123.123.123:1
      • or
        vnc://123.123.123.123:5901
  10. 自動起動の設定
    1. 再度 vncserver を停止
      vncserver -kill :1
    2. sudo vi /etc/systemd/system/vncserver@.service
      • 以下の赤い所は、自分のユーザーアカウントへ変更する
        ?は削除する。
        [Unit]
        Description=Start TightVNC server at startup
        After=syslog.target network.target

        [Service]
        Type=forking
        User=UserName?
        Group=UserGroup?
        WorkingDirectory?=/home/UserName?

        PIDFile=/home/UserName?/.vnc/%H:%i.pid
        ExecStartPre?=-/usr/bin/vncserver -kill :%i > /dev/null 2>&1
        ExecStart?=/usr/bin/vncserver -depth 24 -geometry 1280x800 :%i
        ExecStop?=/usr/bin/vncserver -kill :%i

        [Install]
        WantedBy?=multi-user.target
    3. Service をリロード
      sudo systemctl daemon-reload
    4. 自動起動設定(@の後ろに数字が必要)
      (サービス名の最後に@を付けると引数を使えるようになる。)
      sudo systemctl enable vncserver@1.service
    5. systemctl からサービスをスタートして問題無い事を確認
      sudo systemctl start vncserver@1

VNC [No matching security types] 対応

  • ssh やリモート接続でないローカルの「端末」 で下記を実行
    gsettings set org.gnome.Vino require-encryption false

リモートデスクトップ、デスクトップ共有(Server側)

  • X2Go
    • Ubuntu(Server)
      sudo add-apt-repository ppa:x2go/stable
      sudo apt-get update
      sudo apt-get install x2goserver x2goserver-xsession
    • Ubuntu(Client)
      sudo add-apt-repository ppa:x2go/stable
      sudo apt-get update
      sudo apt-get install x2goclient

vnc4server

  • 基本設定
    sudo apt-get install vnc4server
    vncserver :1
    vncserver -kill :1
    vi .vnc/xstartup
  • kde の場合、xstartup の最後に下記を設定
    #x-window-manager &
    startkde &
  • xfce の場合
    1. xfce の xstartup 例
      &xstartup

Window Manager

gnome

kde

  1. konqueror 等で smb:// でアクセスする際のアクセス権
    (~へのアクセスは拒否されました。)
    1. KDE システム設定
    2. 「共有」
    3. Windows のユーザー名を記入
      • 例)
        win\windowsUser
        Password
  2. パネルの移動方法
    • 「スクリーンエッジ」をドラッグする。
  3. パネルの追加
    • QuickLaunch?の追加。列を2へ設定。
  4. タスクスイッチャーの変更
    • [K]> [システム設定]> [ウィンドウの操作]> [タスクスイッチャー]
      • 210605-KdeTaskSwitcher-001.jpg
  • Windowを移動するショートカットの変更
    • [K]> [システム設定]> [ワークスペース]> [ショートカット]> [グローバルショートカット]> [KWin]> [ウインドウを移動]
  1. Screenshot(スクリーンショット), 取得のショートカット設定
    1. 「KDEシステム設定」-「ショートカット」-「カスタムショートカット」
    2. 「Screenshots」を開く
    3. あとはお好みで設定
  2. スクリーンロックの解除
    • 設定 -> 「スクリーンロック」で検索 -> 解除
    • 設定 -> 「電源設定」も合わせて確認

トラブルシューティング_trouble

マウスホイール(スクロール)が効かない_mouse_scroll

以下の設定を再度実行

firefox_右クリック、メニュー表示されない問題

Ubuntu_'Waiting_up_to_60_more_seconds_for_network_configuration...' 対策

ubuntu 「システム設定」が消える, 表示されない

  1. 「Ubuntuソフトウェアセンター」から「システム設定」で検索。
  2. インストール

LXDE, ネットワークを切断したら、再度有効にできなくなった話

  • 原因はldap。以下のファイルのldap項を削除すればOK
    sudo vi /etc/nsswitch.conf

minimal BASH-like line editing is supported が出て起動しない。grub>

  1. grub.cfgを探して緊急起動
    1. 「ls」 を打って、認識しているファイルシステム一覧を表示する
      • 結果例 : ls(proc) (hd0) (hd0,gpt2) (hd0,gpt1)
    2. grubディレクトリを探す
      1. ls (hd0.gpt2)/boot/
        • たくさんの結果が帰ってくればある
      2. 緊急起動コマンド
        configfile (hd0, gpt2)/boot/grub/grub.cfg
  2. grubの恒久的な修正
    sudo apt-get install --reinstall grub-pc-bin grub-pc
    sudo apt-get install grub-efi
    sudo update-grub
  3. 再起動して確認

Game(Steam)

全般

  • Save file の場所
    ~/.local/share/Steam/userdata/<userid#>/41070/local/SeriousSam3/SavedGames/
    /.local/share/Steam/SteamApps/common/Half-Life/SAVE/

Block'Hood

  • 起動時に白画面
    • ゲームを起動したときに白い画面が表示
    • 起動オプションに以下を追加
      -screen-fullscreen 0

PHP debug環境 on Ubuntu 22.04(vscodeもubuntu22.04上で実行)

  1. Install
    1. Apache
      sudo apt install apache2
      sudo apt install php libapache2-mod-php
    2. PHP
      1. sudo apt install software-properties-common
      2. sudo add-apt-repository ppa:ondrej/php -y
      3. sudo apt install php7.4
      4. sudo apt install php7.4-{cli,common,curl,zip,gd,mysql,xml,mbstring,json,intl,xdebug,fpm,xmlrpc,gd,imagick}
  2. 設定
    1. default php version
      1. 設定
        sudo update-alternatives --config php
      2. 確認
        php -v
    2. Apache2, ドキュメントルート, DocumentRoot?,
      sudo vim /etc/apache2/sites-enabled/000-default.conf
    3. ユーザー名とグループは合わせておくと便利かも
      sudo vim /etc/apache2/apache2.conf
      1. 反映
        sudo systemctl restart apache2 
    4. エラーが出た時はログを確認
      (終了はCtrl + c)
      cd /var/log/apache2/
      tail -f error.log
    5. enable のシンボリックリンクを変更 Version 8.1 -> 7.4へ変更
      cd /etc/apache2/mods-enabled/
      rm php8.1.*
      ln -s ../mods-available/php7.4.conf php7.4.conf
      ln -s ../mods-available/php7.4.load php7.4.load
      systemctl restart apache2
    6. phpInfo.phpの作成
      <?php
          phpinfo();
      ?>
      1. phpInfo.php の結果から以下を確認
        Loaded Configuration File	
        • /etc/php/7.4/apache2/php.ini
    7. この php.iniへ以下を追加
      [XDebug]
      xdebug.client_port = 9003
      xdebug.mode = debug
      xdebug.start_with_request = yes
      xdebug.remote_enable = On
      xdebug.remote_autostart = On
    8. vscode へ php debugの拡張機能追加
    9. vscode -> 実行 -> 構成を開く
         "configurations": [
             {
                 "name": "Listen for Xdebug",
                 "type": "php",
                 "request": "launch",
                 "stopOnEntry": true,
                 "port": 9003
             },

その他

usbへimgファイルを書き込み

sudo dd if=hdd_image-nwdsn.img of=/dev/sdb
  • ※sdb は適宜変更が必要です。
    そのまま実行するとデータが消えてしまうことがあります。

「デスクトップ」から「desktop」などのシンボリックリンク

  • 端末(terminal)で日本語を打つのが面倒なので英語化(^^)
  • 「デスクトップ」 <> 「desktop」のシンボリックリンク
    • ln -s デスクトップ desktop
  • 「ダウンロード」 <> 「download」のシンボリックリンク
    • ln -s ダウンロード download

Linux_Version(バージョン)_bit数(32bit64bit)の確認

  • Redhat,CentOS
    1. cat /etc/redhat-release
    2. uname -a
      • 32bitの例
        Linux centos 2.6.18-194.32.1.el5 #1 SMP Wed Jan 5 17:53:09 EST 2011 i686 i686 i386 GNU/Linux
      • 64bitの例
        Linux centos 2.6.18-194.8.1.el5 #1 SMP Thu Jul 1 19:04:48 EDT 2010 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux
  • ubuntu
    • uname -a
    • cat /etc/lsb-release
  • debian
    • uname -a
    • cat /etc/debian_version

bonding

モニターのキャリブレーション Display Monitor Calibration

conky .conkyrc

logitech mouse keybind

winff 関係

Linux Remote 接続 xming

EPSON Printer EP-801Aの設定

Unity、使用体験記

HDMI_音

kernel panic 後自動で再起動

HDD 完全消去方法

対象のファイルがどの_apt_ファイルに入っているか検索_apt-file

proxy経由でアクセスする設定

Gnome_Classic_の_Window_境界を広くする。

Ubuntu 12.04 > 14.04 Upgrade

sudo update-manager -d

install_後に_hostname_を変更する(Ubuntu)

  1. cui 下記のファイルを編集>再起動
    vi /etc/hostname
  2. gui
    • 「システム」→「システム管理」→「ネットワークの管理」

パッケージ関連まとめ

LDAP Client の設定

bg、バックグラウンド実行で「どこにも出力しない」出力先

kde,kde system program problem detected 対応、対策

  • /var/crash/* を消す。
    sudo rm /var/crash/*

キーボード-xmodmap-keyboard

ubuntu 暗号化(LUKS(Linux Unified Key Setup)

  • とりあえずキーワードだけ
    (内容はこれから書くかもしれないし、書かないかもしれないし。。。)

ATOK X3 for Linux を Ubuntu 14.04 64bit にインストールする

2GB 以上のメモリーカード(FAT32)をマウントする。

sudo mount -t vfat /dev/sdc1 /mnt/sdc1

fcitx-mozc で入力後全角になる。

  • タスクトレイにあるアイコンをmozcがオンの状態でクリック、
    上から2つ目のあたりにある「全角文字」をクリックし、
    「半角文字」に切り替える

pdfファイルを圧縮する

  • ソフト名
    • Ghostscript, gs
  • Install
    sudo apt-get install ghostscript
  • 使用方法, コマンド
    gs -sDEVICE=pdfwrite -dCompatibilityLevel=1.4 -dPDFSETTINGS=/prepress -dNOPAUSE -dQUIET -dBATCH -sOutputFile=output.pdf input.pdf
  • dpDFSETTINGS の取り得る値(上ほど高画質, 低圧縮)
    • default
    • prepress
    • printer
    • ebook
    • screen
  • こんなWeb Pageもありました(^^)

ubuntu, default で Num-Lock をオン

sudo apt-get install numlockx

自動起動, スタートアップ, Startup, Script, スクリプト

Screenshot が撮れない。Ubuntu, 18.04, スクリーンショット

  • 症状
    • Printscreen を押してもスクリーンショットが取得されない。
      (画面は明滅する)
    • コマンドからも撮れない
      gnome-screenshot 
  • 対応方法
    • スクリーンショットソフトのGUIを起動して撮る。
      • [メニュー] - [アクセサリ] - [スクリーンショット]

ibus, ctrl + shift + e, 絵文字, 解除

  • 以下のコマンドで設定画面を起動
    ibus-setup
  • 「絵文字」タブへ移動
  • 「絵文字の選択」の右側「...」を押し「削除」ボタンをクリック

Thunderbird, gmail. アカウントへのログインに失敗しました

  • [編集] - 「アカウント設定」-gmailの「サーバー設定」
    • 「認証方式」を[OAuth2]へ変更

skk

  • skk
    リンク先ページ、下の方にLinux(Ubuntu)が有ります。

nVidiaのドライバ選択に失敗し画面が表示されない。

  1. 最初にリカバリーモードでコマンド画面(CLI)に入ります。
    1. PC起動直後から「Esc」キーを0.5秒に1回位のスピードで連打する。
    2. grubの起動画面(黒い画面)が表示されるので「(recovery mode)」が含まれる項目をキーボードの上下キーで選択。
    3. 紫の画面とメニューが表示されたら下から2番目「root」を選択し「Enter」キーを押す。
    4. 下に「Press Enter for maintenance」と表示されるのでもう一度「Enter」キーを押す。
    5. これでCLIが起動しました。
  2. nVidiaドライバのアンインストール
    1. 以下のコマンドで現在設定されているnVidiaのドライバを一度アンインストールします。(-は2回です)
      sudo apt-get remove —purge nvidia-* 
  3. nVidiaドライバのインストール
    1. nVidiaドライバのバージョン番号を知らべる。
      apt-cache search nVidia | less
    2. 対象のバージョン番号のドライバをインストール(例:460)
      apt-get install nVidia*460
  4. 再起動
    shutdown -r now

nVidia のグラフィック・カードで残像が残る。

  1. 現象。以下のようにウインドウを移動した残像が残る。
    • 210530-zanzo-01.png
  2. 対応
    • 以下2つをいじってたらなんか直った。
    1. 「NVIDIA X server setting」
    2. 「KDEシステム設定」-「ディスプレイとモニタ」
    • 自分の場合はどうも DVI 接続で発生するらしい。VGAに変えたら今の所発生していない。

Chrome でタブの複製、ショートカット

  • [Ctrl + L](実際は小文字) -> [Alt + Enter]

ntp client

  1. Ubuntu
    1. sudo apt install ntp ntpdate
    2. sudo vi /etc/ntp.conf
      • 変更例
        # Use servers from the NTP Pool Project. Approved by Ubuntu Technical Board
        # on 2011-02-08 (LP: #104525). See http://www.pool.ntp.org/join.html for
        # more information.
        #pool 0.ubuntu.pool.ntp.org iburst
        #pool 1.ubuntu.pool.ntp.org iburst
        #pool 2.ubuntu.pool.ntp.org iburst
        #pool 3.ubuntu.pool.ntp.org iburst
        
        # Use Ubuntu's ntp server as a fallback.
        #pool ntp.ubuntu.com
        server ntp.tar3.net iburst
    3. 初回同期
      • sudo systemctl stop ntp
      • sudo ntpdate ntp.toko.co.jp
      • sudo systemctl start ntp
    4. 確認
      sudo ntpq -p

Ubuntu 18.04, 2560x1440 の解像度で表示する。

Error of failed request: BadMatch? (invalid parameter attributes)

  • 最初にはまったエラー。
  • 以下のようなコマンドを実行時にエラーが発生する
    xrandr --addmode HDMI-1 2560x1440_35.00
  • 解決策
    • nVidia の ププライエタリのドライバを無効にする。
    • 自分はKDEなのですが、以下の手順。
      1. スタートメニュー -> 「アプリケーション」-> 「設定」->「Software & Update」
      2. 「追加のドライバー」タブを選択。
      3. 「X.Org X server」を選択。

解像度の追加と設定

  • xrandr で認識しているディスプレイ出力を確認。
    • 例)
      1. DVI-I-1
      2. VGA-1
      3. HDMI-1
  • 解像度追加コマンドの確認
    • ここで最後のリフレッシュレート(30)が重要。
      自分のグラボはGT440。35以上のリフレッシュレートではだめだった。
      画面がにじんだような感じになる。。。
      cvt 2560 1440 30
    • 結果の以下の赤文字に注目
      • # 2560x1440 29.94 Hz (CVT) hsync: 43.95 kHz; pclk: 146.25 MHz
        Modeline "2560x1440_30.00" 146.25 2560 2680 2944 3328 1440 1443 1448 1468 -hsync +vsync
  • 解像度設定の追加
    xrandr --newmode "2560x1440_30.00"  146.25  2560 2680 2944 3328  1440 1443 1448 1468 -hsync +vsync
  • 出したい出力先(今回は HDMI-1)へ解像度設定を追加
    xrandr --addmode HDMI-1 2560x1440_30.00

設定した解像度で出力

xrandr --output HDMI-1 --mode 2560x1440_30.00

起動時に自動実行

  • 以下のファイルの最後へ記載
    sleepを入れないとたまにエラーとなる。
    • vim ~/.profile
      sleep 10
      xrandr --newmode "2560x1440_30.00"  146.25  2560 2680 2944 3328  1440 1443 1448 1468 -hsync +vsync
      xrandr --addmode HDMI-1 2560x1440_30.00
      xrandr --output HDMI-1 --mode 2560x1440_30.00

onenote,編集できない,このノートブックを開いて編集することはできません,Browser, ブラウザ, Chrome, Ubuntu,

  • 最初のタブ(例「一般」)に一つもページが無い(空のページでも必要)

KDE, GUIで設定した自動起動設定後、ログインできなくなってGUI環境が起動しない,Autostart,

参考サイト

ターミナル,CUIから設定変更する方法

  • とりあえず以下3つのディレクトリ配下のファイルを消して再起動する
  • 関連するディレクトリは3つ
    1. ログイン時の Plasma が実行される前に実行。
      ~/.config/plasma-workspace/env/
    2. ログイン時に実行。
      ~/.config/autostart-scripts/
    3. lasma の終了時に実行。
      ~/.config/plasma-workspace/shutdown/

LVMをGUIで(Ubuntu 22.04)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-11-18 (土) 11:50:16 (104d)