LinuxServer

Google photo から家のファイルサーバーへ(iPhone,VPN,Samba)

目次

前提、その他

  • ファイルサーバーはLinuxで構成します(OSが無料なので)
    (sambaサーバーを立てる分少しめんどいです)
    (NASを使うならそれでもいけます)

関連サーバー技術

  1. samba
    • Windowsのファイル共有プロトコル(CIFS, SMB)でLinuxのファイルへアクセスする技術です。(ファイルサーバー機能)
    • 立て方はsambaを参照。
    • iPhone -> File server はこの技術でいけます。
  2. VPN
    • 家の外からファイルサーバーへアクセスする方法として自分はVPNを使用します。
    • VPNについてはこちらから。OpenVPNの方が圧倒的に楽ですが、それでもちょっと難しい技術です。
      (多分ここが一番のネック)
      (ファイルサーバーをLinuxで立てた場合、VPN機能を同居させると電気代は少なくなりますが、その前にサーバー1台常時稼動だとそれなりに電気代食います。なのでコストを考えるとgoogleのサブクリプションの方が安いです)
      (NASを買って、付属ソフトで外部から接続できるようにした方が良いかも。。。ただうちは常時稼動サーバーとVPN環境があるのでこの方式にしました)

iPhone側のソフト

自分が使用しているiPhoneソフト

  • 無料のソフトでそれぞれ一長一短があるので以下2つのソフトを使いわけてます。

FE File Explorer

  • iPhoneの写真からファイルサーバーへデータコピーができます。
  • 初期Pathを指定できるので、階層が深いファイルサーバーでも便利。
  • 無料版だとファイルサーバーのファイル操作(移動, 削除など)が出きません。
    なので自分はこちらは写真データコピーと見る専用です。
  • 無料版で1つのサーバーを登録できます。

Remote files basic

  • FE File Explorer とほぼ一緒ですが、初期Pathの指定ができません。
  • その代わりファイルサーバーのファイル操作(移動、削除など)ができます。
  • 今の所、上記2つのソフトで快適に使えてます(^^)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-06-05 (土) 15:24:40 (57d)