LinuxServer

目次

前提

  • VMWare(ESXi)にインストールする。

Install

最初のインストール選択画面

  • 「Install AlmaLinux? 8」を選択した状態でtabキーを押す。
  • 解像度を変更するコマンドを入力
    • 変更前)
      quiet
    • 変更後)
      resolution=1280x800 quiet
      • 英語キーボードの「=」となるので、日本語キーボードの「^」を押す。
      • 数字の間は x エックス。

言語の選択など。

  1. 「japan」で検索し「日本語」を選択。「続行」

インストール概要の設定

  1. [インストール先」
    1. ディスクを選択した状態で左上の「完了]
  2. root パスワードの設定。
  3. ユーザーの作成
  4. 時刻と日付
  5. ネットワークとホスト名
  • インストールの実行

初期設定

Host名の変更

sudo hostnamectl set-hostname hogeserver.tar3.net

初回アップデート

sudo dnf update

最低限必要な機能のインストール

sudo dnf install epel-release
sudo dnf install bind-utils net-tools vim rsync wget openssh-server

ipv6 の無効化

  • sudo vim /etc/sysctl.d/disable_ipv6.conf
    net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1
    net.ipv6.conf.default.disable_ipv6 = 1
  • 反映
    sudo sysctl -p

Network manager 設定の確認

  • sudo nmtui

時刻合わせ

chrony

  • sudo vim /etc/chrony.conf
    • 変更前
      pool 2.cloudlinux.pool.ntp.org iburst
    • 変更後
      server (ntpサーバーホスト名) iburst
  • chrony の起動
    sudo systemctl restart chronyd.service
  • 初回同期
    sudo chronyc -a makestep
  • 同期状態の確認
    • 方法1
      sudo chronyc tracking
    • 方法2(昔の ntpq -p)
      chronyc sources
  • 自動起動の確認
    sudo systemctl status chronyd
    • 以下がEnableであること。
      Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/chronyd.service; enabled; vendor preset: enabled)
    • 以下の場合次のコマンドを実行 Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/chronyd.service; disabled; vendor preset: enabled)
      • sudo systemctl enable chronyd

Firewall の無効化

  • firewalld.service
    sudo systemctl stop firewalld.service
    sudo systemctl disable firewalld.service
  • SELinux
    • getenforce ← SELinux状態確認
      Enforcing ← SELinux有効
    • sudo setenforce 0 ← SELinux無効化
    • getenforce ← SELinux状態確認
      Permissive ← SELinux無効
    • sudo vim /etc/sysconfig/selinux ← SELinux設定ファイル編集
      SELINUX=disabled ← システム起動時にSELinuxを無効化

vmware tools のインストール

sudo dnf install open-vm-tools
  • サービス名は別物
    sudo systemctl status vmtoolsd.service

Mail

root メール、転送設定 †

  • sudo dnf install mailx
  • sudo vim /etc/aliases
    root: hoge@nifty.com
  • echo test | mail root

Postfixの設定

zabbix agent のインストール

sudo dnf install zabbix40-agent

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-05-03 (月) 12:39:33 (46d)