Linux

目次

構築

Link

mysql の準備

mysql -u root -p
create database wordpress; ← wordpressデータベース作成
grant all privileges on wordpress.* to wordpress@localhost identified by 'パスワード'; ← wordpressユーザ作成
exit

wordpress 準備

yum -y install php-mysql
wget http://ja.wordpress.org/latest-ja.zip
unzip latest-ja.zip
mv wordpress /var/www/
chown -R apache:apache /var/www/wordpress/
rm -f latest-ja.zip

wordpress 設定

cp /var/www/wordpress/wp-config-sample.php /var/www/wordpress/wp-config.php
vi /var/www/wordpress/wp-config.php

認証用ユニークキー

/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'wordpress'); ← データベース名
/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'wordpress'); ← データベースユーザー名
/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'パスワード'); ← データベースユーザーパスワード
/**#@+
* 認証用ユニークキー
*
* それぞれを異なるユニーク (一意) な文字列に変更してください。
* {@link https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/ WordPress.org の秘密鍵ービス} で自動生成することもできます。
* 後でいつでも変更して、既存のすべての cookie を無効にできます。これにより、すべてのユーザーを強制的に再ログインさせることになります。
*
* @since 2.6.0
*/
認証用ユニークキーで生成した認証用ユニークキーを貼り付ける
define('AUTH_KEY','****************************************************************');
define('SECURE_AUTH_KEY','****************************************************************');
define('LOGGED_IN_KEY','****************************************************************');
define('NONCE_KEY','****************************************************************');
define('AUTH_SALT','****************************************************************');
define('SECURE_AUTH_SALT','****************************************************************');
define('LOGGED_IN_SALT','****************************************************************');
define('NONCE_SALT','****************************************************************');
/**#@-*/
echo Alias /wordpress /var/www/wordpress > /etc/httpd/conf.d/wordpress.conf
/etc/rc.d/init.d/httpd reload

使い方

左の menubar の幅変更

vi skin/pukiwiki.css.php

div#menubar

項目について

width:130px;

を変更。

目次に表示されない 「見出し」 の書き方

  • 参考:shadowheader.inc.php_#contentsに表示されない見出しを書くためのプラグイン
  • vi plugin/shadowheader.inc.php
    <?php
    function plugin_shadowheader_convert(){
     
    if(func_num_args()<2){
     return 'ERROR: argument shortage...';
    }
    $argv=func_get_args();
    $header_level=$argv[0];
    $header_str=$argv[1];
    $shadowheader=array();
    switch($header_level){
    case 1:
     $shadowheader[]='*'.$header_str;
     break;
    case 2:
     $shadowheader[]='**'.$header_str;
     break;
    case 3:
     $shadowheader[]='***'.$header_str;
     break;
    default:
     break;
    }
    return convert_html($shadowheader);
    }
    ?>
  • 書き方
    • #shadowheader(見出しレベル,見出し文字列);
  • 例)
    • #shadowheader(1,見出し文字列);

「FTP の接続情報を入力してください」と表示される場合

  • error message 「要求されたアクションを実行するには、
    WordPress? が Web サーバーにアクセスする必要があります。
    次に進むには FTP の接続情報を入力してください。
    接続情報が思い出せない場合は、ホスティング担当者に問い合わせてください」
  • 原因
    • permission 設定の不具合(所有者が apache user になっていない)
  • 対策
    • wordpress のディレクトリに移動しファイル所有者の変更
      • 例)
        cd /var/www/html/wordpress/
        chown apacheUser:ApacheUsers? -R *

マイグレーション, Migration, 移行

CentOS6 -> CentOS7

移行元サーバーからデータのエクスポート

  • 移行元
    1. 「All-in-One WP Migration」プラグインをインストール
    2. 「All-in-One WP Migration」プラグインを有効化
    3. 「All-in-One WP Migration」でデータをエクスポート

移行先 CentOS7 へは通常通りインストールする

  1. LAMP環境の構築は↓を参照
  2. mysql上でデータベースの作成(例:wpデータベース)
    # mysql -u root -p
    Enter password: 
    
    mysql> create database wp;
    Query OK, 1 row affected (0.04 sec)
    
    mysql> grant all privileges on wp.* to wp@localhost identified by 'wp用の任意パスワ ード';
    Query OK, 0 rows affected (0.06 sec)
  3. Wordpressの初回設定
    • 構築したWordpressサイトにアクセスすると初期設置画面が表示されます。
      • http://server.domain.net/wordpress/
    • 設定項目
      • データベース名
      • アクセスユーザー
      • アクセスパスワード
      • サーバーの場所
    • 「設定ファイルを作成する」ボタンを押すと wp-config.php の内容が表示されます。
    • wordpress ディレクトリ配下の wp-config.php を作成しコピーします。
      • vim wp-config.php
    • これでwordpressにアクセスすればwordpressの初期画面が表示されます。
      • http://server.domain.net/wordpress/
  4. PHPのアップロード上限を変更
    • 「All-in-One WP Migration」の無料で使用できる上限512MB設定を追記
      (ついでにタイムアウトも少し長めに)
    • vim .htaccess
      • 以下を追記
        php_value upload_max_filesize 512M
        php_value post_max_size 512M
        php_value memory_limit 512M
        php_value max_execution_time 300
        php_value max_input_time 300
  5. 「All-in-One WP Migration」をインストール
  6. 「All-in-One WP Migration」を有効化
  7. 「All-in-One WP Migration」で移行元データをインポート

注意点

  • ユーザー情報も一緒にインポートされます

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-06 (火) 21:20:53 (9d)