Linux

CentOS で RAID

はじめに

  • Linux におけるソフトウェア RAID はあまりお勧めしません。
    動作がかなり不安定であり、自分はメインとバックアップの両方が
    トラブルで読めなくなりました。
    正確には、メインのRAIDが読めなくなり、別系統のバックアップから復元中に
    バックアップRAIDも落ちました。

fdisk コマンドで RAID 用パーティションを作成

fdisk /dev/sdc
  • 新規作成
    n
  • primary
    p
  • 領域番号
    1
  • Enter を2回
  • 領域のシステムタイプ 変更
    t
    fd
  • セーブして終了
    w

/etc/mdadm.conf を作成

vi /etc/mdadm.conf


DEVICE /dev/sd[bcd]1
ARRAY /dev/md0 devices=/dev/sdb1,/dev/sdc1,/dev/sdd1

mdadm コマンドで RAID アレイを作成

mdadm --create /dev/md0 --level=5 --raid-devices=3 /dev/sd[bcd]1

RAID の状態を表示する

cat /proc/mdstat

RAID アレイにファイルシステムを作成

mkfs -t ext3 /dev/md0

RAID アレイを監視する

vi /etc/mdadm.conf


MAILADDR foo@example.com
  • mdmonitor を起動するだけ。ついでに OS 起動時に自動するようにしておく。
    /etc/init.d/mdmonitor start
    chkconfig mdmonitor on
  • mdmonitor は、mdadm を --monitor モードで起動し RAID アレイを監視している。
    mdadm --monitor /dev/md0
  • メールが送れるかテストするには、次のようにする。
    mdadm --monitor --test --oneshot --scan

詳細確認

mdadm --detail /dev/md0

RAID ストップ 関連

  • マウント解除
    umount /raid
  • RAID 無効化
    mdadm --misc --stop /dev/md0
  • deactivate できているか確認。
    cat /proc/mdstat

    mdadm -D /dev/md0
  • RAIDアレイを構成するデバイスの superblock を消去する。
    mdadm --misc --zero-superblock /dev/sdb1 /dev/sdc1 /dev/sdd1
  • それぞれのデバイスを初期化する。
    fdisk /dev/sda1

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-02-23 (土) 14:58:08 (178d)