Linux

CentOS_6.3_初期インストール

目次

gpt パーティション, 作成メモ †

  • インストール時、partition 作成の画面で以下を実行
  • ターミナルへ切り替え
    • Alt + Ctrl + F2
  • parted コマンドで sdx(x は処理するドライブの英字)に対して 管理コンソールに入る
    • parted /dev/sdx
  • parted コマンドで以下コマンドを入力, 実行
    • mklabel gpt
  • mkpart
    • 開始は開始するサイズ 1
    • 終了はどこまで設定するかの容量 400M
  • parted コマンドを抜ける
    • quit
  • ctrl + alt + F6 でインストールのGUI画面に戻る

ユーザーの作成 †

  • useradd のデフォルト設定を確認
    • useradd -D
  • user の作成
    • useradd hogehoge
  • user パスワードの変更
    • passwd hogehoge

network 接続 †

  • vi /etc/sysconfig/network
    NETWORKING=yes
    HOSTNAME=hostname
    DOMAINNAME=domain.name
    GATEWAY=192.168.1.1
    NETWORKING_IPV6=no
  • vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
    DEVICE="eth0"
    BOOTPROTO="none" ← dhcp機能を使わないのでnoneに変更
    HWADDR=90:E6:BA:C9:DE:B3
    NM_CONTROLLED="yes"
    ONBOOT=yes ← サーバー起動時に起動させるので"no"をyesに変更
    TYPE="Ethernet"
    UUID="7b7e19bf-1b75-49d1-80b7-cd8e1c47f20a" 
    
    以下を追記
    IPADDR=192.168.24.240 ← サーバーのIPアドレス(例示)
    NETMASK=255.255.255.0
    DOMAIN=ufuso.dip.jp ← サーバーのドメイン名(例示)
    GATEWAY=192.168.24.1 ← ルーターのIPアドレス(例示)
    DNS1=192.168.24.1 ← ルーターのIPアドレス(例示)
    DNS2=192.168.24.2 ← ルーターのIPアドレス(例示)
    IPV6INIT=no
    USERCTL=no
    追記ここまで
  • vi /etc/resolv.conf
    search domain.name
    nameserver 192.168.1.1
    nameserver 192.168.1.2

yum-updatesd 停止 †

/etc/rc.d/init.d/yum-updatesd stop

iptables 停止 †

/etc/rc.d/init.d/iptables stop
chkconfig iptables off

Remote Desktop の設定~ †

(KDE の場合)

  • 「システム」-「設定」-「リモート・デスクトップ」
  • ファイアウォールが停止されていれば、他からVNC接続が可能です。

SELinux 停止 †

  • getenforce ← SELinux状態確認
    Enforcing ← SELinux有効
  • setenforce 0 ← SELinux無効化
  • getenforce ← SELinux状態確認
    Permissive ← SELinux無効
  • vi /etc/sysconfig/selinux ← SELinux設定ファイル編集
    SELINUX=disabled ← システム起動時にSELinuxを無効化

root メール、転送設定 †

yum install mailx
vi /etc/aliases
root: hoge@nifty.com
echo test | mail root

proxy 設定 †

  1. 一般
    export http_proxy=http://proxy.tar3.net:8080/
    export https_proxy=http://proxy.tar3.net:8080/
    export ftp_proxy=http://proxy.tar3.net:8080/
    必要なら /etc/profile 等に記載
  2. yum
    vi /etc/yum.conf
    proxy=http://proxy.tar3.net:8080/

ディレクトリの表示色変更 †

vi /etc/DIR_COLORS


DIR 01;35       # directory

yum のマニュアルアップデート †

sudo yum update

auto update 設定 †

sudo vi /etc/crontab
00 2    * * *   root    yum -y update

ssh ユーティリティーのインストール †

yum install openssh-clients

dns サーバーがあれば登録 †

ntp 設定 †

  • sudo yum install ntp
  • sudo vi /etc/ntp.conf
    • server ntp.hoge.net
  • 初回の時刻合わせ(時刻ズレが大きいとntpが合わせ切れないため)
    • 一度ntp daemon の停止
      sudo service ntp stop
    • マニュアルでの時刻合わせ
      ntpdate ntp.tar3.net
    • 再度ntp daemon の起動
      sudo service ntp start
  • ntpサーバの自動実行設定
    • chkconfig ntpd on
  • 確認
    • ntpq -p

ipv6 オフ †

  • chkconfig ip6tables off
  • vi /etc/sysconfig/network
    NETWORKING_IPV6=no
  • vi /etc/modprobe.d/disable-ipv6.conf
    options ipv6 disable=1

cui で起動 †

  • vi /etc/inittab
    id:3:initdefault:

NFS 設定 †

  • vi /etc/exports
    /mnt/hoge/munya 192.168.1.5(ro)
    /mnt/hogehoge 192.168.1.0/24(rw)

bind インストール †

  • yum install bind
  • yum install bind-utils
  • chkconfig named on
  • vi /etc/named.conf
  • vi /var/named/db.hoge.net

wget のインストール †

sudo yum install wget

あとから GUI(X Window)のインストール †

sudo yum -y groupinstall "X Window System" "Desktop" "General Purpose Desktop"
sudo yum -y install firefox

postfix の設定 †

ldap の設定 †

epel レポジトリの追加 †

yum install epel-release

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-25 (金) 19:57:53 (86d)