Linux

ラズベリーパイ、Raspberry Pi 関係

2013-06-22_13-37-14_DS7_8280.jpg

raspbian

感想

  • OSは、ラズベリーパイのホームページから落とせる。
    sudo dd if=2013-05-25-wheezy-raspbian.img of=/dev/sd?
    で SD カードへ焼いた。
  • このスペックで GUI 表示の Linux とはすごい。
  • 上記の Linux は debian ベース。特に違和感はない。
  • 電源が MicroUSB というのも汎用性が高くて好き
  • pidora なる fedora 系の OS もある
  • ただ yum でエラーがでたりして、まだ安定してないのかな?
    あと、動かない時の情報もまだ少なかったり。。。
    まぁのんびりやっていきます(^^)

SSH デフォルトユーザー名

Username:pi
Password:raspberry

設定メニューの表示

sudo raspi-config

設定メニューでいじったところ

  • Expand Filesystem
    • 大容量SDカードを有効に使う。
  • Change User Password
    • pi アカウントのパスワード変更
  • Enable Boot to Desktop
    • ラズベリーパイ起動時に GUI を起動するかどうか選択
  • Internationalisation Options
    • Location の設定
  • Overclock
    • 自分は high の 950MHz にしました。Turbo は動かなかったです。
  • Advanced Options
    • Overscan
      • Enabled に
    • Hostname
      • デフォルトが長いので rpi に変更
    • SSH
      • デフォルトで Enable なのでそのまま
    • Update
      • 普通にアップデートしました。

勘でソフトのインストール

  • Firefox
    sudo apt-get install firefox-sage
  • vim
    • なんか動かなかった。。。

OS を fedora に変更(^^;)

  • vim が動かないのはちょっとつらい。。。
    自分の場合、はじめはサーバー用途の検証をするということで、
    サーバー用途ではレッドハット系が好きな自分。
    調べてみるとラズベリーパイ用のfedoraがあるようだ。
    ダウンロードしてインストールしてみる。

Windows のインストーラーでうまくいかなかったので~

Linux の dd でできる方法にしました。

  • fedora がなんか途中までしか DownLoad? できなかったので
    pidora にしました。

pidora 初期セットアップ

Pidora のイメージを SD カードに焼く

sudo dd if=/home/hogehoge/temp/Pidora-2014-R1/Pidora-2014-R1.img of=/dev/sdb

起動後 Hostname の修正

sudo vi /etc/hostname

"/etc/locale.conf"追加

sudo vi /etc/locale.conf
  • LANG="ja_JP.UTF-8"

"/etc/vconsole.conf" の修正

KEYMAP="jp106"

"/etc/sysctl.d/raspberrypi.conf" の修正

vm.min_free_kbytes = 32768
net.ipv6.conf.all.disable_ipv6=1
net.ipv6.conf.default.disable_ipv6=1

TimeZone? の修正

[root@raspi ~]# timedatectl set-timezone Asia/Tokyo
[root@raspi ~]# timedatectl set-local-rtc 0
[root@raspi ~]# timedatectl status

yum error の処理

  • なんか yum のアップデートでエラーが出る
    [root@rpi yum.repos.d]# yum check-update
    
    Loaded plugins: langpacks, presto, refresh-packagekit
    http://downloads.raspberrypi.org/pidora/updates/18/armhfp/repodata/repomd.xml:
    [Errno 14] HTTP Error 404 - Not Found :
    http://downloads.raspberrypi.org/pidora/updates/18/armhfp/repodata/repomd.xml
    Trying other mirror.
    
    http://pidora.proximity.on.ca/pidora/updates/18/armhfp/repodata/repomd.xml:
    [Errno 14] HTTP Error 403 - Forbidden :
    http://pidora.proximity.on.ca/pidora/updates/18/armhfp/repodata/repomd.xml
    Trying other mirror.
    Error: failure: repodata/repomd.xml from pidora-updates:
    [Errno 256] No more mirrors to try.
    
    http://downloads.raspberrypi.org/pidora/updates/18/armhfp/repodata/repomd.xml:
    [Errno 14] HTTP Error 404 - Not Found :
    http://downloads.raspberrypi.org/pidora/updates/18/armhfp/repodata/repomd.xml
    http://pidora.proximity.on.ca/pidora/updates/18/armhfp/repodata/repomd.xml:
    [Errno 14] HTTP Error 403 - Forbidden :
    http://pidora.proximity.on.ca/pidora/updates/18/armhfp/repodata/repomd.xml
  • 元のサイトを見ると、確かにレポジトリが無い。。。なんで?(TT)
  • repository の一部を enable=0 にし無効化します。
    (この方法でいいかどうかはわかりません。。。我流です。)
  • 以下のフォルダにおいて
    pidora-updates-testing.repo と
    pidora-updates.repo を開いて
    enable=1 の箇所を enable=0 にします。http://pidora.proximity.on.ca/
    [root@rpi yum.repos.d]# pwd
    /etc/yum.repos.d
    [root@rpi yum.repos.d]# ls -l
    total 20
    -rw-r--r-- 1 root root 1227  5月 18 04:29 pidora-rpfr-updates-testing.repo
    -rw-r--r-- 1 root root 1162  5月 18 04:17 pidora-rpfr-updates.repo
    -rw-r--r-- 1 root root 1088  5月 18 04:40 pidora-updates-testing.repo
    -rw-r--r-- 1 root root 1109  5月 18 04:40 pidora-updates.repo
    -rw-r--r-- 1 root root  960  5月 18 04:18 pidora.repo

    vi pidora-updates-testing.repo

    [pidora-updates-testing]
    name=pidora $releasever - $basearch
    #name=Fedora $releasever - $basearch
    failovermethod=priority
    mirrorlist=http://pidora.ca/mirrorlist/mirrorlist.cgi?
     repo=pidora-updates-testing-$releasever&arch=$basearc h
    enabled=0 #<- ここを1から0へ
    metadata_expire=7d
    gpgcheck=1
    gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-pidora-18
    protect=0

    vi pidora-updates.repo

    [pidora-updates]
    name=pidora-updates $releasever - $basearch
    #name=Fedora $releasever - $basearch
    failovermethod=priority
    mirrorlist=http://pidora.ca/mirrorlist/mirrorlist.cgi?
     repo=pidora-updates-$releasever&arch=$basearch
    enabled=0 #<- ここを1から0へ
    metadata_expire=7d
    gpgcheck=1
    gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-pidora-18
    protect=0

初期セットアップの続き

  • とりあえず、vim をインストール。
    yum install vim
  • "/etc/chrony.conf" の修正 (不要なところはとりあえず省略)
    Server を適当なものに変える。
    例)
    server ntp1.jst.mfeed.ad.jp iburst
  • ntpdate で時計を合わせる
    ntpdate ntp1.jst.mfeed.ad.jp
  • chronyd の起動・確認
    systemctl start chronyd

    chronyc sources -v
  • chronyd の自動起動有効
    systemctl enable chronyd
  • 再起動
    [root@raspi2 ~]# reboot
  • IPv6 の無効化確認
    ifconfig -a | grep inet6
  • chronyd の自動起動確認
    ps ax | grep chronyd

runlevel の変更。GUI から CUI へ。

  • 参考サイト
    mv /etc/systemd/system/default.target /etc/systemd/system/default.target_bak
    ln -sf /usr/lib/systemd/system/multi-user.target /etc/systemd/system/default.target

network , ip address 関係。NetworkManager? から network へ。

  • ssh 接続で操作している場合、Network が切れると
    ラズベリーパイを SSH 経由で操作できなくなります。
    操作は慎重に。あるいは、HDMI 出力ができる環境で!(^^)
  • vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
    DEVICE=eth0
    NM_CONTROLLED=no
    ONBOOT=yes
    TYPE=Ethernet
    BOOTPROTO=none
    HWADDR=b8:27:eb:xx:xx:xx
    IPADDR=172.16.100.4
    PREFIX=24
    GATEWAY=172.16.100.254
    DNS1=172.16.100.1
    DEFROUTE=yes
    IPV4_FAILURE_FATAL=yes
    IPV6INIT=no
  • 以下の作業で一度ネットワークが切れます
    systemctl stop NetworkManager

    systemctl disable NetworkManager

    systemctl enable network.service

pidora.ca に繋がらない時の代わり

http://pidora.proximity.on.ca/

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-02-23 (土) 14:58:07 (114d)