Linux

Spyder4 Linux Ubuntu Mint Monitor Display Calibration dispcalGUI argyll †

Ubuntu Spyder4 を使ったモニターキャリブレーション方法 †

  • 自分は dispcalGUI を使いました。
    sudo apt-get install dispcalgui
    でインストールできます。
  • 他に
    sudo apt-get install argyll argyll-dbg gnome-color-manager xcalib
    をインストールしておくと良いかもしれません。
  • 次に argyll のホームーページ http://www.argyllcms.com/ から
    Download V1.4.0 Main Linux x86 Executablesに飛び
    32bit か 64bit を選んでダウンロードします。
  • ダウンロードしたディレクトリに移り
    tar xzfv Argyll_V1.4.0_linux_x86_64_bin.tgz
    の様な感じで解凍します。
  • rules ファイルをコピーしておきます。
    sudo cp ./Argyll_V1.4.0/libusb1/45-Argyll.rules /etc/udev/
    sudo cp ./Argyll_V1.4.0/libusb1/55-Argyll.rules /etc/udev/
  • ここで dispcalGUI を起動します。
    Menu の グラフィックから dispcalGUI で起動できます。
    ※このあとうまくいかない時は、コマンドプロンプトから
    sudo dispcalGUI
    も試してみてください。
  • dispcalGUI のメニュー「File」から
    「Locate Argyll CMS executable」を選択し
    先ほど解凍したディレクトリの「Argyll_V1.4.0/bin」を選択します。
  • するとInstrument の所で Spyder4 が認識されるはずです。
    認識されなかった場合、dispcalGUI を再起動してください。
    また、usbデバイスのアクセス権も確認してみてください。
    sudo chmod -R 777 /dev/bus/usb/
    さらに
    lsusb
    コマンドでUSBデバイスの接続状況を確認できます。
    例:
    Bus 001 Device 003: ID 085c:0400 ColorVision, Inc.
  • Settings から適当に選びます。
  • 「Calibrate only」か「Calibrate & Profile」を選びます。
  • 以降はよくわかりませんが注意点だけ。。。
    • 上記のボタンを押したあと、出てくるウインドウに
      センサーを当てて光を受光します。
      その光を受光する面積をここで設定します。
    • また、「Black Background」にチェックを入れると
      画面全体が真っ黒になり
      キャリブレーションの範囲だけ表示されるようになるので
      アプリの終了が難しくなります。
      初めは「Black Background」のチェックは
      外しておいたほうが良いでしょう。
    • あとはセンサーをディスプレイに垂らして
      「Mesurement Start」でセンサーの受光状況を表示するモードに入ります。
    • 適当にディスプレイを調整したあと、ウインドウを閉じると
      (エラーは出ますが)なんとなくアプリが終了します。

以上、ざっとこんな感じです。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-14 (土) 15:31:24 (36d)